眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

どうしようもない眠気は悪いことではない

vol.3251



眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です



あなたは眠くて仕方がないときって
ありますか?




眠気に負けてつい寝ちゃって
目覚めたときに
なにやってんだ…と自己嫌悪…




そう思ったことないですか?



体のことを少し知れば
この眠気の意味も
自己嫌悪になることもなくなります。




知るということは
視点が変わります。



では今日も行ってみましょうー!

体はいつも良くなろうとしている


いつも体メンテナンスをしてくれる
えいちゃん先生




↑真ん中でご指導中のえいちゃん先生




えいちゃん先生のところで
メンテナンスをしてもらったことが
自分の体を知るきっかけに
なりました。


えいちゃん先生のブログ
↓↓↓





例えば
くしゃみや鼻水も
異物を出そうとしている姿




熱が上がるのも
ウイルスや菌をやっつけるために
体が頑張っている姿




解熱剤が意味ないとは言いませんが
ある程度の高熱は頑張っている証拠




んで、
このブログの冒頭に書いた
眠気



これも体からの「休んで…」って
メッセージです。
だから、寝てしまうのは
悪いことではなく




体のメッセージを受け取った証拠であって
なんにも悪いことじゃないです。




えいちゃん先生のような
治療家からすると
なぜ体が「休んで」と訴えているか?
その原因を見つけるそうです。



自分の現在を知って
良き状態になるために
何をするべきか?



これは眉を書くときにも
同じことが言えます。

知ることから始まる


まずは自分を知るです。



知るのは
どんなイメージになりたいかを知る
眉の形/色から感じるイメージを知る




これら知ることに
良いも悪いもないです。




だれかに批判させることではなく
自由に思い描ける楽しいことです。




これらを知ったら
あとはあなたの眉の
どこに何を書き足すのか?を
考えていくのが眉を書く順番です。




でも中には、
「わからない・・・」
「これで合っているかわからない」
という人がいます。




その時に
プロが必要になってきます。




頭の中でどんなことを
思い浮かべていて
それを言葉に出せるようにするか?



技術的にどんなことを
意識するのか?




必ずプロが必要とは思いませんが
出来なくてストレスが
貯まってしまうなら
プロを頼った方が健康的です。




人には必ず
向き不向きがありますからね
決して良い悪いではありません。


眉を書けるようにするのは
キレイな眉を書けるようになる
ってこともあるけど




最後は
自分に自信を持つ/認める
そのための眉です。




これからも
眉のすごさを伝えていきますね



今日は日曜日でもあるので
この辺で






こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 育児で忙しいからこそ、あなたの本当の姿を振り返る

  2. 眉が書けない…を書けるに変える

  3. 信頼関係を作る眉とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する