眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

当たり前になった時に感謝を忘れる。

vol.4049

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

フルマラソン完走から
約1週間が経った。

完走した日は
体力はすっからかんで
気力だけで走っていたから

夜は
ぐっすり寝られるかと思ったら
アドレナリンが出過ぎたのか
目が冴えて全く眠れない。

その翌日には
永ちゃん先生の所に行って
炎症している体を
悶絶しながらも揉み解してもらって

さらに
脳の緊張も取ってもらった。

この施術が良かったのか
その日からも
熟睡できて筋肉痛は
3日でほとんどなくなった。

それで
びっくりしたのが
寝起きのときの身体の回復度合い。

本当にすごい。

筋肉痛って
徐々に軽減していくものだと
思っていた。

でも
夜寝て朝起きると
筋肉痛の痛みが
数段良くなっているって感じ。

この時感じたのは
永ちゃん先生の施術は
もちろんだけど

体が治してくれようと
寝ている間に
頑張ってくれているんだな~
ってこと。

そうなると
自然と感謝が生まれてくる。

毎日
当たり前に動いてくれている体も
筋肉痛になった筋肉を
修復してくれたり

風邪をひいたとしても
ウイルスや菌を
やっつけててくれたり

良くしようと
必死に働いてくれている。
体ってすごいんだと思った。

大切なものに気付くって
当たり前が
当たり前じゃなくなった時に
一番気が付くよね。

逆に言ったら
当たり前になった時に
感謝を忘れてしまう。

自分の身体に対しても。
親の存在にしても。
家族の存在にしても。

ぼくは家業をしていた時に
父とはめちゃくちゃ対立した。

立場の違いや考え方の違いで
いろいろと
口うるさく言ってくる。

でもね
あとからわかった事は
父もぼくの将来を心配して
話をしていた。

いま、
ぼくも親となってわかるけど
子供に口を出してしまうのは

否定するとかではなく
大丈夫かな~って心配するからこそ
気をかけてしまう。

子供は子供で
自分で考えてちゃんと
やっていけるのにね。

改めて
当たり前になっていることって
何だろうか?を
考えてみるとたくさんある。

もし、その当たり前が
ある日突然なくなったら…

だからこそ
考えることは
大切かもしれないね。

フルマラソンを完走した日は
2か月の準備期間という
無謀な挑戦でもやりきった!
という達成感と

 
自分の身体のありがたさに
気付いた日でもある。

ちなみに
フルマラソンをすると
歩数計で何歩、歩いたと思う?

iPhoneの歩数計では

51,824歩

もう、こんなに
歩きたくない。

いま普通に歩けることが
幸せです。

******************

メンズ脱毛サロン
SAMURAI Classicは
脱毛効果に
コミットしていきます。

青森市のメンズ脱毛サロン
SAMURAI Classicの魅力は
↓↓↓
https://www.samurai-classic.com/lp/campaign/

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。 

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. いい化粧品、いいメイク、いいヘアスタイル。”良い”の定義とは…

  2. コンプレックスが解消したら、あなたは幸せになれるのか?美容のヒントがここにある!

  3. 手からいろいろなことが見えてくる…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する