眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

10年前に恨んでいた人にその思いをぶつけてきた。

vol.3888

昨日は初めての福井県で
会いたい人に3人に会ってきた。

3人ともにエピソードがある
まず一人は崔燎平さん。

今年の1月に
崔さんの講演会を聞くことがあって
その内容から心を掴まれた。

崔さんが開運アドバイザーだから…
というよりは、
言葉で希望を持たせてくれたことが
ぼくの憧れの一人になった。

そして
2人目は鈴木七沖(すずきなおき)さん。

七沖さんは
『妻が願った最期の七日間』を
本として世の中に出してくれた人。

この本が無ければ
ぼくはずっと無いものばかりに
目を向けて
自分を満たされないままでいた。

経営理念だ、戦術だ戦略だ
ゴールを決めて
足りない所を埋めていく。

成功を追い求めても
ずっと満足なんかしない。

頑張っても上手く行かなければ
家族のせいにしてみたり
自分に才能が無いから…と
あきめていた時に

『妻が願った最期の七日間』を
目にして

「幸せって
 もう手にしているじゃん!」
って思えるようになった。

眉を描く技術も
何かを伝える声も
大切な人を抱きしめられる手も
もうすでにあるじゃないか…

先を見ることは
悪いことではない。

だけど、
一歩間違うとぼくのように
どんなに頑張っても
自分を満たすことが
できない人になってしまう 。

無いものより今ある幸せに
目を向けてごらん。

そんなことを
教えられました。
と、直接、七沖さんに伝えたかった。

そして、
3人目は香取貴信さん。

 

香取貴信さんとは
実は約10年前に会っていた。

香取さんの
「情熱のリーダーシップ」の出版記念で
講演会を青森で聞いたとき。

その講演会は
ものすごく心を掴まれたし

香取さんみたいに
言葉で感動を感じてもらって

希望に変える人に
ぼくもなりたい!と思えたことを
メッセージにして送った。

しかし、完全にスルー。

当時のぼくは
全くの未熟人間で

香取さんの憧れは”恨み妬み”へと
変わっていった(笑)

この人とは関わることが無いと
感じたまま月日は流れて約10年。

ぼくが午前3時の手帳の会に
参加するようになって

午前3時の手帳の会で
居心地と自分の成長を
楽しく過ごしていると

「香取貴信さんってすごいね」
って話を聞くようになった。

ぼくの心の中では
「香取さんって、あの香取さん?」
と思いつつも

この時思ったのは
「近いうち、きっとどこかで
 香取さんと再会するはず」。

香取さん話題は
崔さんのYouTube動画でも
見ることもあったし

香取さんが全力で誰かを
応援しているエピソードも

ハッピーサプライズをする人だ
という事もわかって

もう会うことはないだろうと
思っていたのに
大事なことを気づかせてくれて
10年前の恨み妬みの感情は

「この人スゴイ…」に
少しずつ変わっていった。

そんな時に
崔さん、七沖さん、香取さんが集まる
福井でのイベントの話を目にして、
直感で行きたい!と思って
参加を決意した。

そして、
香取さんに会って
過去のぼくの感情を素直に伝え

香取さんの言葉や立ち振る舞い
細かい目配りを近くで
見させてもらったら
やっぱりすごかった。

全力で誰かを応援するって
こんなことなんだ。

近くで見させてもらったから
細かいところまで
感じることができた。

いつか会いたい
いつかやってみたい…

つい躊躇しちゃうことは
ぼくもたくさんあるけど

思い切って決断して行ってみたら
想像を超える出来事を体験できる。

崔さん、七沖さん、香取さんに会える
そんな素敵なきっかけを作ってくれた
さなえさんや

一緒に2日感過ごした
参加者の皆さん
ありがとうございました。

 

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 家族に性教育をどのように伝える?

  2. 眉の左右の違いはわかるけど、どこが違うのかわからない!という時は…

  3. ネガティブなことを感じることがダメだと思ってない?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する