眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

あなただったら『過去の自分』になんて声をかけてあげる?

vol.3859

昨日は東京へ。
今日も日記ブログw

時間があったから
思い出の上野駅を
歩いてみたくなったんだけど

なぜかって
19年前の思い出がびっちりと
詰まっている所だったから。

今から19年前の2003年10月。
ぼくが22歳時。
メイク専門学校に通うために
東京に住んだことがある。

メイクを習っていくと
ヘアスタイルの重要性もすぐに感じ
ヘアスタイリストのバイトを探した。

たまたま目にした求人
それが『上野にあるキャバクラ』。

面接にいくと
求人主から
「では技術チェックをします」と

それまで料理の仕事をしていて
美容の世界に入って
1ヶ月。

専門学校の授業で
1、2回ウィッグの髪の毛を
触ったくらいで
技術なんてありゃしない。

瞬時に出た言葉は
「技術はないですけど
 アシスタントしたいです」

求人主は
「給料出せないけどいい?」

きっと面倒くさいから
断る文言だったのかも知れないけど
ぼくは「お願いします」って
即答してた。

そこから
56日、上野に通うことになった。

ヘアスタイリストさんに
お仕事の隙間時間に教えてもらい

忙しくなると
「髪、巻いておいて」と言われて
緊張しながら巻いてみたり

キャバクラのお姉さんに
「ヘタクソだね(怒)」と
怒られながらも
毎日16:0021:00まで頑張った。

そのうち
キャバクラのお姉さんに
仲良く話しかけてもらったり


キャバクラの
裏方スタッフさんには
可愛がってもらって

お店で余ったご飯を
お持ち帰りさせてくれたり
着ない洋服があるからと言って
おさがりをもらったこともある。

毎日の交通費で1か月2万円。

大変だったけど
本当に人の温かさに
触れられたこともあったし

「努力はきっと報われる!」
それだけを考えて

お昼はメイクの学校
夜はキャバクラの
ヘアアシスタントの生活をしていた。

そんな思い出が詰まった上野駅。

駅を出て
バイト先の道は体が覚えていて
迷わず行けた。

19年前、お世話になったお店は
もう無かったけど

入り口の雰囲気は
当時のままだった。

いま振り返ると
当時の下積みが生きている。

ヘアアレンジは
その時代で変わるから
手が追い付いていけないけど

アシスタントの自信は
めっちゃあるw。

ピンを取りやすい位置に
持って行ったり
スプレーを差し出すタイミング。

要は
相手が何を求めているか?

どうやったら仕事しやすいか?を
読み解く才能は

この時に身に付いたと
思っている。

19年前、先がどうなるかわからず
前だけを向いて走っていた
自分へ伝えたい!

「頑張れ!
 その努力は19年後
 自信となって
 誇りに思えているから」

メンズ脱毛サロン
SAMURAI Classicは
脱毛効果に
コミットしていきます。

青森市のメンズ脱毛サロン
SAMURAI Classicの魅力は
↓↓↓
https://www.samurai-classic.com/lp/campaign/

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. アイメイクをしなくても、目ヂカラは出せる

  2. ながらメイクは厳罰化の対象?

  3. 突然の訃報。その人から受け取った大切なモノとは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する