眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

ネガティブなことを感じることがダメだと思ってない?

vol.3832

今日はラジオ出演の収録。
…と言っても電話での出演。

放送は2週に渡って
放送になりそう。

初回は10月7日(金)16:30~
(再放送は10月11日(火)11:00~)

二回目は10月14日(金)16:30~
(再放送10月18日(火)11:00~)

放送局は広島チューピーFMの放送。

ぼくが
毎日書いてるブログの師匠の
ラジオ番組に出させてもらった。

ブログの師匠である
板坂裕治郎さん…
この人を見抜く嗅覚が
めちゃくちゃ鋭い。

↑裕治郎さんのブログ

嘘でごまかそうものなら
すぐに嗅ぎつけて見抜く。

一番初めに会ったとき
ぼくは母の死を
公表することが出来ずに
悶々とした日々を過ごしていて

裕治郎さんは
会話をしていても
「コイツ、何か隠しとるの…」と
察知していたみたい。

それもすぐにバレて
ゆうじろうさんがきっかけで
やっと公表することができた。

隠している所を
見抜かれるもんだから
傷口に塩を塗られるような感覚で
ツラいんだけど、

浄化しなければならない…
乗り越えたい…と
自分で感じていたから

裕治郎さんがきっかけで
公表できたのは
すごく気持ちが楽になった。

乗り越えたい感情を
見てみぬフリしながら過ごすのは
ほんと、ツラい。

”過去の浄化”ってなると
結構~しんどいイメージがあるけど
過去の浄化だけじゃなく

自分の感情を
見て見ぬフリすることも
しんどい。

たまに会う人の中に
言葉では素敵な言葉を
話しているけど
目が笑っていない人がいる。
(はい。昔のぼくですw)

何かにイラッとしても
「そんなネガティブなことを
 思っちゃう自分はダメ。」って
認めてあげることしないでいると

自分の本当の感情がわからなくなって
自信を持てなくなっちゃうんだよね。

でも、
ある時思ったんだよね。

人は感情を感じて当たり前。
だって、人間だもの。って感じw

嬉しいことも感じるし
イラッとすることも感じる。

イラッとした感情は
悪い事じゃない。

イラッと感情を
表に出すか出さないかは別として
「そんなことを
 思う事だってあるよね。
 わかるわかる。」って

一旦認めてあげたら
めっちゃ気が楽になったんだよね。

そこからは
毎日が訓練。

「わかる。わかる。
 そんなこと思うよね」
って認めることをしていったら…

相手に嫌なことを言われても
「まぁ、それも一理あるかも」って
イライラすることが激減した。

もう19年も美容に
携わる仕事をしてきて思うのは

美容は見た目を通して
自分の感情に向き合うための
1つの手段だということ。

どんな見た目になろうとも
そんな自分になりたいのか?
どうしてそう思ったのか?

その感情は
自分を認めて
自分らしく生きる事の始まり。
自分を信じる始まりなんだと
思えた。

何をするにも
根拠のない自信って最強。

根拠のない自信から
行動が始まる!

ラジオがどうなって
放送されるか楽しみ。

そして
ぼくのブレない信念を
見つけるきっかけになった
毎日更新のブログ。

裕治郎さんのブログセミナーは
青森・北海道・名古屋であるよ~

↓↓↓

https://tai-gee.com/seminar-list/

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. キッチン・鏡・ステンレスの拭いた跡を残さずピカピカをキープする方法

  2. 印象を自在に操る方法を教えちゃいます。

  3. 『桃の節句』にやっておくべき眉で変える開運方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する