眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

『時は金なり』がいま注目されてきている。

vol.3829

ブログ仲間で
投資歴20年の投資教育専門の
ファイナンシャルプランナー
”かじさん”こと
梶間勝喜さんのブログで

見慣れぬ言葉が
出てきた。

コスパよりタイパ

コストパフォーマンスより
タイムパフォーマンス。

コスパと言えば
化粧品店をしていた時に
美容雑誌やネットで

コスパ最強コスメ特集~!ってのが
人気だった。

コロナの時代になると
オンライン授業や
オンライン講演会が
出来るようになって

今や
オンライン授業やYouTubeも
倍速で見ることもあるみたい。

声のトーンから感じる
その人らしさは
受け取れないんじゃないか?
って
気はするけど、それも時代。

いま求められているのは
隙間時間で効率よくわかりやすい。

これが今のトレンド。

確かに
時間は誰にも平等だし
なるべく時間をかけずに
結果を出したい。

これって脱毛でも同じ。

ぼくがヒゲ脱毛をやった時は、
価格は安かったんだけど
次の予約を取ろうと思うと3か月後。

3か月の間に予定が変わったり
ちょうど脱毛の日に
大切な用事が入って

予約の変更をするとなると
また3か月後。

何回、脱毛の施術を
してもらっただろうか?
1年で3回くらい。

その割には
ヒゲが劇的に抜けるわけでもなく
青ひげが解消されるわけでもなく

ヒゲを3か月も放置しておくと
どんどん濃くなってきて
レーザー照射が毎回痛ぇのよ

それが、
自分で脱毛サロンをやる!と決めて
出会った脱毛技術が

「毛にコンプレックスを
 感じている人の毛を
 いかに早く解消してあげるのかが
 脱毛屋の使命」

という
コンセプトを持った脱毛師匠。

さらに脱毛師匠は

「痛みを弱くして
 抜けない脱毛方法は
 やろうと思えばできる。

 ビジネスとしては
 それが良いかもしれない。

 でも
 何回も来てもらう時間。
 何回も来てもらうためにかかる費用。
 何回通っても無くならない毛の悩み…

 これってお客様の立場からすると
 残念なことだよね。」

こんなことを言いながら
ぼくに見せてくれた技術と
脱毛の結果は感動ものだった。

効率よく結果がわかりやすい。
さらに隙間時間でも出来るように
朝5時から受付もして

ぼくのように毛に
コンプレックスを持っている人の
支えになる。

ただし
他の所よりはちょっと痛いけどね。

まさに『時は金なり』
いま改めて言葉の重さを感じる。

そして
タイムパフォーマンス。
略してタイパ。

今年のトレンドになりそうだね

無駄のない効率的は
悪いことはない。

ただ、
1つあるとすれば
遠回りした道で
大切なものに気がつけたりするもの
事実。

いずれにしても
今できる最善をつくすこと。

そして
その背中を支えること。

メンズ脱毛サロン
SAMURAI Classicは
脱毛効果に
コミットしていきます。

青森市のメンズ脱毛サロン
SAMURAI Classicの魅力は
↓↓↓
https://www.samurai-classic.com/lp/campaign/


無料のメルマガを登録していただくと

毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. どんな肌でも〇〇を使うと、かなりキレイな肌に仕上げられる!

  2. 歴史を残しておくことは誰のためでしょうか?

  3. 15年前の今日、母を亡くしました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する