眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

自分らしく生きるヒントは、自然から学ぶことが多い。

vol.3777

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

先日、母の命日の時
お墓に行って手を合わせていると
お花にミツバチがやってきた。

モコモコした体毛や足には
たくさんの花粉がついていて
花の中に頭を突っ込んで蜜を吸って
すぐに飛んで行ってしまった。

このミツバチの体に着いた花粉が
他のは草木の”めしべ”について
受粉になる。

このミツバチ見たとき
ぼくの美容仲間の
上村晃一郎さんの話を思い出した。

「ミツバチは
 他の花に受粉しようと思って
 生きてなんかいない。

 自分のやるべきことをやっていたら
 結果、受粉の手助けをしていた。」

こんな話をしていて
たしかに!って思ったんだよね。

人は自然から学ぶことが多い。って
よく聞くけど、まさにこのこと。

世の中は誰かのために…って
思う事も必要だけど、
自分が精いっぱい生きることで
それが誰かの役にたつことがある。

むしろ、
その方が無理せず自然と
自分も周りも良くなってく。

どうしても
こうしなくちゃいけない。
こうするべきって思いながら
過ごしている人ったくさんいて

これってツラいんだよね。

自分の人生を
生きている感覚がなく
口元は笑っていても
目が笑っていない。

これを
自分のための人生なんだ。
って思うなら

自分の素直な感情を知るって
ことをしていくんだけど

周りの目を気にし過ぎると
自分の感情を受け取ることが
できない。

だから僕は眉を通じて
自分の感情を知るきっかけを
作られたらいいな~って思っている。

眉を描くときに大切なのは
どんな形にするかより
何を使って眉を描くかより
どんな自分になりたいのか?

その自分の感情を知って
イメージすることが一番大切。

ぼくは
”ゴルゴ13”みたいになりたい(笑)

冷静さと情熱と
たまに小ボケをかますゴルゴ
最高ー!

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 垢抜け感を出すための秘訣

  2. 眉毛の書き方を知る時に伝える以上に大切になることとは…

  3. 36年眉を触ってこなかったメンズ眉。整えて眉を描いてみた結果…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する