眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

これからの情報発信をどうしよう…って迷っているなら、3つの段階を知っておくと良き。

vol.3748

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

情報発信を続けてきてよかった。

先日、嬉しいメッセージが来た!

おはようございます。
メルマガの
ドリームキラーの話に救われました!
ありがとうございます💖


こちらこそ
ありがとうございますですぅ❣

こんなメッセージをもらったら
やめられないよね。

自分で
ビジネスをしている人と話すと

何を使って存在を伝える?
って話になるんだけど
方法はたくさんある。

Twitter、インスタ、YouTube、
TikTok、ブログ、メルマガ、
公式line…

ぼくが思うのは
なんでもいいからやってみる。

正解なんて無いし
誰が何にハマるかはわからない。

間違いなく言えるのは
なんでもいいから
発信をしないと
どんなに熱い想いがあっても
知ってもらえない。

中には
人脈に恵まれて広がる人もいる。

人脈で広がること自体は
何も悪いことはないし、
人脈はその人の才能。
才能を生かすことは素晴らしい!

でも、実際に人脈だけで…
って人は少ないよね。

これから情報発信を
していこう!と思うなら
段階があるのを
覚えておいた方がいいかも。

量→質→速さ。

いきなり90点の文章を作るより、
文章量も少なくてもいい、
誤字脱字があっても
後で直せばいい。

上手く言葉で
表現できなくてもいい。

とにかく発信してみること。

慣れてきたら勝手に
伝わりやすい文章・内容にしようって
思って変わっていくし、

それが慣れてきたら、
旬なできごとを
瞬時にブログにできるようになる。

だから、
まずはどう思われるかは
一旦置いておいて、

情報で何を伝えていきたいのか?
自分の軸を
ハッキリさせておく必要がある。

これを覚えておくだけでも
ブログの書き方は
全然違ってくる。

たぶん、
知らずに眉のことでも
同じことをしていると思う。

まずは眉を描いてみる。
試行錯誤してやってみる。
だんだんできるようになってくる。
印象を変えてみようって
調べたり描いてみたりする。

この繰り返しで
眉はどんどん上達していく。

すると
嬉しいこともある。

なんか最近印象変わったね。って
言われた日には…
最高のニンマリの瞬間だよね。

眉の描き方を伝えていて思うのは
初めから
すぐに結果を求めちゃって
「自分は出来ない…」って
あきらめてしまう。

すごくもったいない。

眉の描き方は
徐々に成長するし
その過程が大切。

眉が描ける様になった…
そんな声をもらえる時が
一番うれしい。

眉を通じて伝えたい思いが
ぼくにはあるからこそ
情報発信はやめられないよね。

10年間、毎日書きづづけたブログ…

辞め時がもうわからん

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 日焼けした肌は脱毛できない。その理由とは。

  2. お願いがあります。

  3. 誰かのために動いていても”モヤモヤ”が晴れない理由。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する