眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

ある一人の高校生の挑戦を応援したい!そう思った本当の理由

vol.3598

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

結果を知るより
その過程を知っている方が
興味が湧くし応援したくなる。

もう2週間前になるけど…

青森県の2022年1月14日
むつ市の倫理法人会さんで

2回目の講話を
させてもらえたのは

むつ市倫理法人会の会長である
『もっちー』こと坂本貴幸会長に
声をかけてもらったから。

講話の前日には
景色の良い11階のレストランから
一緒に食事して

その時に
あることを企画していると
教えてもらった。

もっちーは
青森県の北東部の端っこにある
「東通村(ひがしどおりむら)」
という地域に在住して

控えめに言って
自然にあふれたところ。

もっちーは
地域学生の学力向上
地域での創業・起業できる
人材の育成等を目的とした
「学習塾てらこや」をしている人。

もっち―と話をしていると
子供と一緒に楽しむ能力が
ズバ抜けて高い人だって感じる。

そんなもっちーの「てらこや」で
勉強している1人の高校生が
クラウドファンディングを
スタートさせた。

東通村に
英語塾を
作りたい!

ここを応援したい!

これは
もっちーが知り合いだから
ってだけじゃない。

クラウドファンディングを
はじめるまでのストーリー
共感したから。

今回、
「東通村に英語塾を作りたい!」と
クラウドファンディングに挑戦した
相内ゆうちゃんは

開業資金を集めるために
青森のビジネスプレゼン大会で
発表をした。

だけど
審査を通ることは出来ず
一時は断念をした。

でも
もっちーはそんなことで
高校生の勇気を潰してなるものか!と
クラウドファンディングで
開業資金を集める提案をした。

ビジネスとして
英語塾をするならどこにでも
あるかもしれないけど

高校生の悔しさをバネにして
スタートする英語塾には

ビジネスに欠かせない
人間としての在り方が
込められていくに違いない。

思うんだけど
”本当”に強い人は
ツラい体験をした人じゃない。

ツラい体験を”優しさ”で
乗り越えられた人なんだと
思っている。

優しさで助けられたからこそ
今度は誰かの背中を支えられるし
誰かの心に寄り添えるんだと
ぼくの経験からも強く思う。

ツラさって
優しで解きほぐされるんだよね。

「1人じゃないんだ」
「理解してくれる人がいる」
ただそれだけで傷が癒える。

どんなに前向きなことを
上書きしようと思っても
心にぽっかり空いた穴を
ふさいであげない事には
次になんか進めない。

強引に進んだとしても
何か壁があると
あの時の空いた穴がまたうずく。

自然で育った東通村の
たった一人の高校生の
挑戦かもしれないけど

一人の未来に関わる
大きなプロジェクトだと
思っている。

プレゼン大会で一度
チャレンジが報われなかったけど
そこからの挑戦を
応援したいと思う。

ねぇ、一緒に見てみない?

クラウドファンディングのサイト
↓↓↓

この挑戦は
朝日新聞デジタルにも
取り上げられた

↓↓↓


↑↑↑
画像の左が、もっちー
高校生の相内ゆうちゃん
背が小さいのかな?って
感じるかもしれないけど

これはもっちーの身長が
メッチャ高いだけ(笑)


眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 変わりたい!と思ったときに忘れてはいけないこと

  2. プレゼンのシェアタイムで忘れてはいけないこと

  3. 氷川きよし君から伝えられたメッセージが「深い」と話題

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する