眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

不安を無くする。講話サポートで初めに意識したこと。

vol.3581



眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です



いよいよ明日1月14日(金)は
青森県でも最北端のむつ市で
経営者さんの前で40分の講話。






先月の12月にも
青森市の経営者さんの前で
お話しさせてもらった。



12月の講話が終わった直後は
全てを伝えきれた達成感に
満ちみちていたけど



数時間後には
次話すときは、こうしよう!
と対策を考えていた。



どんなに練習しても
本番のつもりでやっていても
本番のあの緊張感を体感して
感じたものはまた違う。



改めて思ったのは
どんなに妄想しても
体感してわかることが
大きな学びになる。



とはいえ



つい
失敗や不安が襲って来て
行動できなくなることが
あるんだよね~



今回
講話を作るうえで
サポートしてもらいながら
意識したことは



伝えたいテーマを絞る



ってことだった。



これもまた
不安を少なくする方法。



エピソードを話すから
伝えたいことがたくさんになって
最後、なんの話だったのか?
迷子にならないように



大筋の伝えたいことを決めて
ブレないようにしてみた。



12月の講話を元に
明日も伝えて来るけど
緊張するのはする。



後は
「出来る!」と
自分をいいように騙す(笑)



講話の土台は作ったから
あとはその時の感情で
伝えたいことを伝える



高台のレストランから
午前3時の手帳会の仲間でもある
”もっち―”と一緒にパシャ



緊張なのか、手ブレがすごい





早く寝よ。



眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら



無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。



眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 娘のメイクをどうにかしたい。

  2. 人のつながりを大切にするなら血色感

  3. 外出自粛だからこそ眉でコミュニケーション♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する