眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

20年前の経験があるから、今、眉メイクを楽しめる

vol.3553

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

先日、美容雑誌『STORY』
付録が『復刻!JJ』

内容は

眉について語ってくれたのは
藤原美智子さんと黒田啓蔵さん

お二人とも
ぼくが美容の世界に入った時から
大活躍されている
メイクアップアーティスト。

藤原美智子さんの言葉は
人を安心させてくれる。

文章の中にも
「大丈夫。できるから」
って言葉。

優しく語りかけられている感じ。

そして
黒田啓蔵さんの言葉には
理論をもとにした安心感がある

例えば
「眉と肌をきちんと作れば
 他は軽くても成立します」

なんか、言葉に説得力を感じる。

藤原美智子さんと
黒田啓蔵さんの言葉から
感じ取れたのは

これまでの経験をもとに
いまを楽しもう

そんなことだった。

眉を描くのが上手い人を見ると
「いいあ~」って思うでしょ?

でも、コレは誰にでもできる。
考える順番は

①イメージを知る
②眉の知識を知る
③どんな形にするか?
④何を使って書くのか?

↑↑コレ。

多くの人は
どんな形がいい?とか
何を使ったら上手く描ける?
つまり③④を考えるけど

大切なのは①と②は
どっちも大切なんだよね。

①の”なりたいイメージ”は
シンプルだけど奥が深い。

②の”眉の知識を知る”は
なぜそこに描くか?
理由を知ることで
迷わず眉が描けるようになる。

新しい技術よりも
情報を整えてあげることが

眉が描けるようになって
メイクすること自体が
楽しくなる。

楽しいって、最強❣

自分に自信を持ちながら
心に余裕がモテるから
眉で印象を変えることも
自発的にやってみようとする。

義務的に描く眉。
とりあえず付いていればいい…。
よりも

昨日の自分より
今日の自分が好きになる眉の方が
人生は変わるよね

この画像は

女性化するアプリを使って変身した
ぼくでーす

似てる?(笑)

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 青森市の猿出没の捕獲作戦は当店の真上で繰り広げられていた!!

  2. あなたはすんなり会話が出来ますか?それとも何かきっかけがあれば会話が出来ますか?

  3. 今の仕事を通じて伝えたい事の共通言語は〇〇

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する