眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

40分間で伝えたかった、たった一つのことは。。

vol.3552

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

今日は青森市倫理法人会さんで
無事に講話してきた。

聞いて下さった方々が
最後に感想を書いて
手渡してくれたんだけど
すごくうれしかった。

どんなところが響いたか
人それぞれ

今回伝えたかった一番テーマは
本当に大切なものは
すぐそこにある

・両親との関係
・妻や子供との関係
・仕事への向き合い方

ぼくのこれまでを
話させてもらったんだけど

どんな言葉が
伝わったかは人それぞれ。

いまフッと思ったのは
人は違って当然だし
他人はコントロールできない。
今できることをして
自分が変わるしかない。

「○○しなくちゃいけない」
「周りと比べると私は…」
そう考えることが多いと思う。

ぼくもそう考える傾向があるから
気持ちはすごーくわかるけど

そんな時こそ
いまを精いっぱい生きることが
大切なんだと思う。

講話の最後に
最近Twitterで見た
新聞投稿の記事を紹介した。

↓↓↓

************

『妻が願った最期の「七日間」』

1月中旬、妻「容子」が他界しました。

入院ベットの枕元のノートに
「七日間」と題した詩を残して。

神様お願い この病室から抜け出して
七日間の元気な時間をください。

一日目には台所に立って 
料理をいっぱい作りたい
あなたが好きな餃子や肉味噌 
カレーもシチューも冷凍しておくわ。

二日目には織りかけのマフラーなど
趣味の手芸を存分に楽しむ。

三日目には身の回りの片付け 。

四日目には愛犬連れて 
あなたとドライブに行こう
箱根がいいかな 
思い出の公園手つなぎ歩く。

五日目には
ケーキとプレゼントを11個買って
子と孫の誕生会を開く。

六日目には
女子会でカラオケに行くのだ。

七日目にはあなたと二人きり 
静かに部屋で過ごしましょ
大塚博堂のCDかけて 
ふたりの長いお話しましょう。

妻の願いは届きませんでした。
詩の最後の場面を除いて。

『私はあなたに手を執られながら
静かに静かに時の来るのを待つわ』

容子。2人の52年、ありがとう。

**************

泣いてまう…

大切なモノって
すぐそこにあるんですよね。

きっと
もう手にしているはず。

それは
毎日の日常だったり
すぐ近くにいる人だったり
そして
あなた自身の感情だったり。。。

不思議なことに
ぼくにとって眉を描くことは
「大切なモノって
 すぐそこにあるよ」
この言葉とリンクする。

もしかしたら
明日ぼくは死ぬかもしれないし

もしかしたら
あなたの大切な人が
いなくなってしまうかもしれない。

これって
変な事を書いているようだけど
事実なんだよね。

当たり前のように来る毎日は
当たり前ではない。

だからこそ
自分のことを知る
いま出来ることをする。
精いっぱい生きる。

それが
眉を描くことに繋がっていて

こうやって
眉のことを伝えられることが
嬉しいんだよね。

そんなことを思いながら
全てを話せた40分。

聞いてくださった方が
直接感想を伝えてくれました。

その第一声は
「変態ですね」…エ?(@_@)

講話の中で
「言われてうれしい言葉は
 『(眉毛の)変態ですね』って
 言われることです。」

そう話していたから
「変態ですねっ」て言ってくれた

変態は世界を変える!

変態
いぇ~い

っていう今日のブログでもある(笑)

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉毛の形を変えなくても『毛の流れ』だけで印象を変えることはできる

  2. 閉店まであと1週間となりました。

  3. プロフィール写真撮影の裏側

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する