眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

誰かのために何かすることは大切だけど、同じくらい大切にすること。

vol.3551



眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です



明日は
青森市倫理法人会の
モーニングセミナーで登壇。
ぼくが…。


↑これは短大での特別講義のとき



朝から6時から経営者さんの前で
これまで実践してきたことを
話すチャンスをもらえた。



青森県は全国でも珍しく
初めて登壇される方には
”講話サポート”と言って
講話作りのお手伝いをしているみたい。



倫理法人会さんの講話って
40分話す。



40分って、まぁまぁ長い。



講話作りで大切なのは
自分を振り返るってことで
これがまた勉強になる。



あの時の感情を思い出したり
何に価値観を持っているのか?
振り返ることで知ることができる。



知るって簡単なようで
実は難しくて、しかも
すごい意味が含んでいる。



自分を知るとどうなるかって
自分を大切にしたいと思う。



え?お客様のためにとか
他の誰かのためにじゃないの…?
って思うかもしれないけど



ぼくが思うのは
自分が満たされていないのに
相手のことばっかりに
全てを注いじゃうと



どこかで疲れたり
無意識だけど見返りを求めたり
つい、しちゃうんだよね…。



表情は笑っているけど
心が泣いている状態って



虚しさというか
自分が本当に好きなものが
わからなくなっちゃうことも
あるんだよね。



これ、ぼくが感じた事なんだけど
いま思うと、
結構自分を犠牲にしてた。



もちろん、相手のために
何かをする。想いを寄せることは
悪いことなんかじゃない。



ただ、その優しを
あなた自身に少し分けてあげても
いいんじゃない?って思う。



そのきっかけが
自分を知るってことだと
ぼくは思っている。



だから
眉を描くときに



眉の描き方やテクニックよりも
なりたいイメージが大切って
何回も何回もいうのは
そこに理由がある。



特に優しい人なんか
相手のために何かをするために
自分を知って
自分を大切にしたほしい。
そう思うんだよね。



改めて
倫理法人会さんの講話に向けて
練習を重ねて



ぼくが大切にしている価値観や
伝えたいものが
より深く見えた気がする。



先日最後の練習会。
講話サポートしてくださる方々からの
フィードバックで
まさかの展開になった。



それは



パワポのスライドを
無しにして話す。ヱ



どうなるん…?



12月15日の朝、
伝われ~って”念”を送ってくれたら
眉毛が太くなるほど嬉しいです



こういった

眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら



無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。



眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. これは革命的!炊飯器のボタン一つで出来る本格スパイスカレー

  2. 誕生日。不仲だった父親に感謝を伝えてみたら…

  3. 眉毛を書くのが一気に楽しくなる方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する