眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

なんか上手く回らない。気が付いたらある沼にハマっていた。

vol.3513

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

ここ最近
”思い込み”について
考えることが多かった。

「~しなくてはいけない」
そう思う事ってあるよね。

これ自体に
良いも悪いもないけど
それで余裕がなくなっていたり
苦しいと思っていたら

その考えを”一旦”手離す

これが大切だと感じた。

何があったのかというと
情報発信を続けていて
感じてしまうことは

他の人に
負けたくないという気持ち

ここ最近感じること多く
上を見ればキリがない

焦りというか不安を
正直感じていたんだけど

それを仲間に
素直に打ち明けようと思って
自分の口から話すと

話を聞いてくれた仲間から
もらったフィードバックで
考えが変わった。

「何と勝負してんだ…
 勝ち負けよりも大切なモノ
 見失ってない?

 勝負に勝つだけが
 やるべきことなの?」

そう考えるようになったのと同時に

「悩んでいたとはいえ
 めっちゃ頑張ってるじゃん、ぼく」

そう思った。

ぼくは情報発信する上で
比較は過去の自分だ!と言いつつも
めっちゃ周りを見てた…(笑)

ぼくも完璧じゃない
人間だもの。
これでいい。

誰かと勝負する…
ココには勝つか負けるか?
100か0か?

でもね
~しなければならない。
ぼくで言ったら
勝たなくてはならない。

という考えを
”一旦”手放して考えてみたら
眉の世界観を広めることが出来る

これは
勝負する相手から同志にもなる
そんな世界が広がっていくと思った

眉を描くときも
みんな「~でなければいけない」
と感じていることがほとんどで

~ねばならないを
”一旦”手放して
自由になりたいイメージを
思い浮かべて

それを眉で表現するお手伝いを
自然とできていたことは
自分で言っちゃうけど

控えめに言って
価値がある

この感覚を
多くの人に知ってもらえたら
もっと楽に考えられるんじゃないか?
意外な発見があるんじゃないか?

そう感じた。

よし!
もっと眉の魅力を広めよう!
そう心に誓った。

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. タレ眉・下がり眉を変える意外な3つの方法

  2. ラグビー選手の眉毛のヒミツ

  3. 3000円で今後のあなたの人生が変わる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する