眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

【要チェック】眉が上手く書けないのは技術の差ではない

vol.3451

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

先日、3歳の娘が
ぼくの顔を小さな両手で
ゆっくりとギューっと押して

「変な顔~」と言っては笑い
ほのぼのした時間を
過ごしていたのもつかの間

急に真顔になった娘
…真顔というか眉間にシワを寄せて
つぶやきました。

「なんでおでこ
ヌルヌルしているの?」

大人のアブラです
子供の肌って憧れの象徴ですが
実は乾燥してるんですよね。

大人になったら
とにかく保湿が大切です。

ニキビにしても
小じわにしても
肌荒れにしても
すべてのカギは保湿です。

ただ、
しっとりしてほしくない事が
眉にはあります。

特にパウダーアイブロウで
眉を書いてる人は
ぜひチェックしてほしいんですけど

今お使いのブラシ。

しっとりしてませんか?

そして最近、
・眉が濃くなったり
・眉が色ムラになったり
・眉の色が付きにくい
そんなことないですか?

これはブラシの状態で
大きく左右されるんですよ。


眉の書き方レッスンをしていると
ペンシルを使って眉を書いている人と
パウダーを使って眉を書いている人は
ちょうど半分くらい

んで
パウダーを使っている方の
8割のブラシはしっとりです。

そもそも、ブラシを使って
色が付く原理は

ブラシの毛と毛の間に
パウダーアイブロウの
粉の粒子が挟まって肌に着く

なので
ブラシはサラサラしてないと
粉の粒子を含めないんです。

でも現実は
眉を書くブラシには
皮脂が付きやすく

ブラシに着いた皮脂とパウダーが
何度も繰り返されると
湿ったようなクレヨン状になります。

クレヨン状になったブラシは
パウダーの粉体を含めず
色が付きにくい。

着いたとしても
クレヨン状なのでぼかしが効かない。

結果、眉毛が濃くなります。

つまり
あなたの眉を書くテクニックが
問題なのではなく
ブラシのメンテナンスの問題です。

例えば10万円もする
アイブロウブラシがあったとしても
ブラシが湿っていたら
キレイに書けないってことです。

良い道具を最適に使いこなせば
眉の仕上がりは格段に上がります。

さて、思い出してみてください
あなたのアイブロウブラシは
湿っていませんか?

湿っていたら即、洗いましょう♪

ブラシ専用洗剤は理想ですけど
いつも使っているクレンジングや
泡立てた食器洗剤でも
対応できますので

汚れを浮かせて
ぬるま湯でよ~くすすぐ!
やってみてください。

もし、ブラシの状態
今はまだ大丈夫だったら
使ったらティッシュに拭って
ブラシに着いた皮脂を
取ってあげてくださいね。

この行動は皆さん
昔からやっているはずです。

ぼくの娘もやっていました

「なんでおでこ、ヌルヌルしてるの?」と
言った娘はその皮脂の着いた手を
ソッとズボンに拭っていましたからね

お父さん、ショックw
その手、見逃しませんでしたよ

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 昔は小バカにされていたのも、今では、むしろ楽んでいる。

  2. 人脈の広がり方。しかめっ面に見えると人は寄ってこない

  3. 1本ずつ眉を描く。毛の向きに沿って描く。という眉の常識を無視してみたら…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する