眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉を書く努力は報われる?それとも時間のムダ?

vol.3449

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

眉を一生懸命書いているのに
なかなか上手く書けないという人を
よく見かけます。

そのたびに
どうにかその壁を乗り越えて
眉で自信を持ってほしいと
思います。

眉の書き方を伝えると
「目からウロコでした!」
と目をキラキラさせて
感想を教えてくれる人も
いるのですが

中には
「今まで、間違って書いてた
あ~、時間の無駄だった。
もっと早く学べばよかった」
そう、つぶやく方もいます。

もっと早く学べばよかった…
これは嬉しいお言葉ですが
これまでの書いてきた
テクニック(経験)・時間は
決して無駄ではないんです。

話がちょいと逸れるのですが
再開したTwitter

他の上手い人の文章を見て
勉強させてもらうのですが

そのTwitterの中で
人材育成をしている松永貢さんの投稿は
いつも参考にさせてもらっています。

松永さんは
先日このような発信をしていました。

↓↓↓


**********

努力は裏切らない。
そう言う人がいたら
こう言っています

「努力は裏切ります。
やり方と方向性を間違うと
平気で裏切る。
あと恋愛でわかるように
どれだけ努力しても
最初から無理なこともある。
そんなこと経験してません?

だけど『努力しなかった』ことだけは
裏切らないので
やること精一杯やりましょうね」

努力=行動と考えると
行動したから報われる…これは無いです。
つまり、裏切られます。

例えば
印象を柔らかくしたいのに
細く角度のある眉を書き続けても
残念だけど
印象は柔らかくなりません。

だけど
濃くならないように
力加減を工夫したり
使う道具を工夫したり

そもそも
眉の形を変えようと
着眼点を変えた努力は
後に必ず報われます。

眉を書くとき大切なのは
力加減や道具の違い
そして、
どうやって眉の形を変えるか?

こういった
発想が必ず必要になってくるからです。

形の違いでどう見えるのか?
そのためにはどう書くのか?
この基礎を知っていくと

その日の気分で
眉を変えようと思ったときに
これまでのテクニック(経験)が
役に立ってきます。

時間の無駄だった~と
感じるかもしれませんが
ぼくから見ると
このように見えています。

それだけ、
たくさんの方法を
試した
基礎体力は十分ある

あとはたくさん得た技術から
今の眉を書くために
必要な技術だけを抽出して
眉を書いてもらうには
何を伝えようか…

出来るために努力したなら
それは無駄にさせたくない。

むしろ
努力と思わず楽しんでいるなら
眉の理論を知れば必ず上達します。

ぜひ、眉の書き方伸び悩んでいる…
そう思ったら眉の理論を知って
今必要なものと今は必要じゃない事を
頭の中で整理整頓してみてください

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 個性を出しつつ多くの人に知ってもらう方法は一面に広がるりんご畑から学ぶ

  2. 大事なことは言っているのに、相手を置いてけぼりにしていませんか?

  3. その場で化粧品は買えずにもいい口紅をお伝えする。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する