眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉毛を書くのが難しすぎて諦めたい…と思ったらチャンスです。

vol.3297




眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です




眉を書くときに
上手く眉が書けない…と
挫折したり




不器用な自分を嘆きたくなったり




誰もが
そんな経験あると思うんです。




でも、
すんなりできなかったからこそ
得ることもあるんです。




今回は
眉毛なんてもう嫌だ…!
そんな気持ちに陥っているあなたが
逆転する方法です。




では、今日も眉で
人生変えていきましょう♪

遠回り?後退しているのかも…



眉メイクを上手にしようと
試行錯誤していると思います。




そのために
”眉”というキーワードがあれば
すぐにチェックしているのに
なかなか成長を感じない…




その感情が
今後、生きてくるんです。




先日、
渡る世間は鬼ばかりの脚本家
橋田寿賀子さんが95歳で
お亡くなりになりました。




渡る世間は鬼ばかりといえば
セリフが長くて”役者泣かせ”と
よく言われていましたよね。




役者さんは
セリフが長くても短くても
役に入り込めると思うのですが




セリフが長い…となれば
きっといつも以上に
その役になり切ってセリフを覚え




暗記したセリフではなく
心からの声として
セリフが出るんじゃないかな?
って思うんです。




眉も同じように
サラッとできてしまうより
試行錯誤して




眉に対して思い入れが強ければ
出来た時の喜びというか達成感は
人一倍です。




…とは言え
感情だけじゃなく
テクニックはどうするかというと




今のあなたに必要な
眉のコツだけを寄せ集める




ってことです。

あなただけの眉レシピ







真剣だからこそ解決しようと
情報を集めていると思います。




いいことなんですけど
情報の多さが
「結局私は何をすればいい?」と
迷ってしまうんです




なので
あなたがやろうとしている
仕上がりやイメージにするために




どんなテクニックを使うか?



これを改めて考えてあげます。




一度、あなただけの
眉レシピを作ってみよう…と
考えてみると良いです。




これまで覚えて来た情報から
選別すればいいだけなので
改めて、どんなイメージにしよう…




そして
そのためにはどこに眉を書こう?
どこの眉を削ろう?と
考えてあげると良いですよ。




眉を書くのに
いろいろ遠回りしている…
そう感じるかもしれませんが




逆です。




遠回りしたからこそ
見える景色があります。




例えば
知人に眉の書き方を相談されたとき





出来ない難しさ、くやしさ
どこでつまづくのか?
遠回りしたからこそ
理解してあげられますもんね♪




それだけでも
誰かのお役に立てる…ってことです




こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら




無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。




眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 夕方に眉が消えてしまう…

  2. 【眉毛の書き方】ペンシルとパウダーどっちを使う?

  3. 志村けんがあんなに温厚な訳とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する