眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉の書き方を知っていても眉は書けません

vol.3240

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です




昨日はチームビルディングという
組織づくりのオンライン勉強会に
参加してました。




結論から言うと
めちゃくちゃ面白かった。




そして、
同じく参加された方との交流も
楽しかった




勉強会の中でも
一番印象に残っているのが
知っていると理解するは別物
ってことです。




実は
眉毛を書く時も同じです。




今回は
知ってはいるけど
やってみるとできない
そんな方に向けて
お伝えしていくのですが




もしかしたら、必要以上に
頑張っているのかもしれません。




では今日も行ってみましょう♪

そういうことか~


今回チームビルディングを
受けたのはブログ仲間でもある
ロボット人事研究所の所長の瀧田さん

↓↓↓



着眼点が面白くて
前から瀧田さんのブログ読者です。



なのでセミナーを受けながらも
「これ、ブログにも出てきた言葉だ」
というのがたくさんありました。




そんな中、
参加者でワークをすると
まぁ~出来ない出来ない(笑)




瀧田さんのブログは
出し惜しみせず細かく書いているし
ボクも毎日読んでいるし





知っているつもりでも
やってみると全然違った…。
惨敗です。




そして、やってみて
瀧田さんが言っている意味が
「こういうことだったのか~」と
理解が深まりした。




眉毛もたくさんの情報が
世の中に合って
しかも有益な情報もたくさんあります。




いい情報って
見つけると周りに言いたくなって
なんか賢くなった気分になりますよね?




ボクも本を読んだり
YouTubeで知ると
勝手に賢くなって気になっちゃいます。




だけど
本当に理解するにはやってみる




そして
大切なのがやってみた後にあります。

出来ないことが大切


「へ?」
と思うかもしれませんが
出来ないことは
伸びる一歩手前です。



詳しく伝えると
眉の知識を知って
やってみると出来ない。




多くの人はここで
「自分は出来ないし…」と
諦めちゃうのですが





この時
なぜできないのか?
出来るためにはどうするか?





この意識に変わると
試行錯誤が始まります。
ここが苦しいことなのですが




ここまで試行錯誤して
出来たことは
絶対に忘れません。





一方的に教えられたわけではなく
出来ない…という壁があることで
試行錯誤すると
”深く”自分ごととして考えられます。


情報よりも大切なこと


情報を知ると
賢くなった気分になって
もっと知ろう!と
感じてしまうのですが




デメリットがあります。




結局何をやればいいのか?



情報が多すぎて
わからなくなります。





結果、疲れちゃって
いつもの慣れ親しんだ眉の書き方に
戻ってしまいます。




眉を書くということは
大きな意味でいうと
自分を好きになったり
大切に思うことです。




なのに
眉の書き方を知って
情報があり過ぎて出来なくなるのは
本当の眉を書くことではないです。




なので
今、必要な眉の書き方を知るために

・なりたいイメージを知る



・やってみる



・出来ない所をクリアする


この繰り返しで
確実に眉メイクは上達します。




これまで
眉レッスンをしてきて
わかっているのは




深く覚えるのは
試行錯誤して
自分で出来た瞬間です。

それだけ愛着がわいている
とも言えます。




知っていると理解する
似ているようですけど
その違いはあなたのチャレンジです。




そこを出来るように支えるのが
眉ソムリエのお役目でもあります。




個別相談も実施していますので
気になる方がいましたら
コメントやツイッターのDMで
ご連絡ください♪



こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉の調整がわからない時のたった一つの対処法。

  2. 最新のメンズファンデを検証してみた

  3. 気持ちが乗らない、気分を変えたいときにするメイクは…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する