眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉尻がぼんやりするなら、眉尻は書いてはいけません。

vol.3186
眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元にお届けするメルマガ

ブログには書かない
眉ソムリエ®NARUMIの
近況を書いています。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
✨眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
*********
昨日は定期的に
体メンテナンスをお願いしている
永ちゃん先生の所へキラキラ
下矢印下矢印
全身見てもらうと
突然、永ちゃん先生曰く
びっくり「ん?右足首の靭帯何本か切れてる…
昔、何かやったかい?」
学生の時
バレーボール部で何度も右足首を
捻挫した事があって
その時に靭帯とは思わず
ちゃんと治療をせず過ごしてきたので
切れたままになっていたみたい滝汗
右足首が支え切れず
ダラ~ンとなっています
たまに足を上げたつもりでも
床につまずく原因がこれでした。
知らないままにしておくと
年を重ねた時、
つまづくだけじゃなく
腰も悪くなるところでした。
てっきり
捻挫癖が付いたのかな?とか
年のせいかな?と思ったら
じん帯切れとったんか~~い!爆  笑
事前に見つけてもらって
良かったです。
プロに見てもらうって
こういうことですよねビックリマーク
あなたも
「まぁ、こんなもんでしょ」
「これでいいんじゃない?」と
思っていることってないですか?
例えば
眉毛の眉尻部分が
年々生えなくなってきた…
眉尻が無くなって
眉毛が乗っかっている状態
「まぁ、こんなもんじゃない?」と
思っているかもしれませんが
眉ソムリエの視点で見ると
眉尻がある眉と無い眉では
印象が全然違ってきます。
ここを意識的にしているかどうかです。
眉尻が無い眉は
柔らかい印象、素朴なイメージや
上がり角度の眉なら
ものすごく勢いを感じる…
上品な目ヂカラ出したいと思ったら
眉尻を書くことをおすすめします合格
でも
眉尻って結構難しいんですよね。
どこに向かって書いたらいいの?
って迷うんです。
そして
眉尻をシュッとキレイにしたいのに
眉尻が太くなるなら
眉尻を書こうとしては
いけませんビックリマーク
今日から
この方法でやってみて下さい。
消して
仕上げる
方法は超絶かんたんチュー
いつものように眉尻を書いたら
スクリューブラシを使って
目尻と平行になるように消すんです。
image
image
image
この眉尻と目尻を
平行にする感覚がわかってきたら
キレイな眉尻が書けるようになります。
眉を見てキレイに見えるのは
眉尻のキレイさと
眉頭のグラデーションが
鍵になります。
意識的に眉を書いて
なりたいあなたを
ブランド化していきましょうグッド!
こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
YouTube動画も更新しました✨
http://urx.blue/ijNw
それでは、またっ
眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
ホームページ✨
https://mayusomurie2020.com/
お仕事、メディア関連のお問い合わせメールはコチラ✨
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ
代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ブログを毎日更新が出来ないのは一人で頑張っているから!毎日続けるコツってある?

  2. 美意識が高い人。メイクが上手な人。という印象を感じてもらうためにするべきメイク箇所

  3. 仕事用のお化粧、ヘアセット…ちょっとオシャレ感を出して雰囲気を変える

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する