眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

Jアラートで振り返ることができた、今やりたいことを出来ているのか?

vol.3848

昨日は
突然のミサイル警報のJアラートに
避難しようにも

どこに避難していいのか
何をすればいいのかわからず
ただ待つ事しかできなかった。

結果的に
青森上空を通過していったけど
通過した時間に
Jアラートが鳴っていたのを考えると

もし青森に着弾していたとしても
成すすべはなかった。

今朝の午前3時の手帳会のシェアでも
青森のミサイルのことが話題になって

ある方は
Jアラートが鳴って緊迫感を感じた時
やり残したことはなかったのかと
振り返ったみたい。

今できることをやれてきたのか?と
ぼくも振り返った時。

やれている!と感じたと同時に
まだやることは残っているから
それを成し遂げたい!って
感情もあった。

小さい頃からを振り返ると
やりたい事って紆余曲折あって
一貫している人はごくわずか。

今朝の勉強会で
なるほど!と思ったこと
なんだけど

学生に「夢を持って生きよう!」
なんて言っているのを見たりするけど
これほど苦しめる問いかけはない。

夢がある人は良くて
夢がない人はダメ…
そんなイメージが出来上がると
自己肯定感は上がらない。

小学校の卒業文集に書いた
あの時の夢を叶える人って
どれくらいいるだろう。
ほんとごくわずか。

夢を持つことは良いことだけど
それより
目の前の人を喜ばせて行ったら
思いがけない所から
やりたい夢が出てくることの方が多い。

だから
小さい頃から夢がなくたって問題ない。

何になりたいのかは
名詞で答えるより
どんなことを伝えていきたいのか?
どう在りたいのか?

これを考えた方が
自分らしく生きることは出てくる。

めっちゃ共感!

だって
眉を描くときに欠かせない
『なりたいイメージ』も

どんなことを
世の中に伝えていきたいのか?
どう在りたいのか?
この自問自答が大事。

好きや憧れの中に
なりたい自分は必ずある。

それを一緒に読み解いていくのが
眉ソムリエの役目でもある。

昔は眉ソムリエって職業になるとは
本当に思ってもいなかった。

幼稚園を卒園する時に言っていた
”将来の夢”を
今でもはっきり覚えているんだけど

それは
「牛乳屋さん」
ピンポイント過ぎる(笑)。

理由は
「牛乳が好きだからです」って
言っていた。

いま、
そこまで牛乳LOVEってわけでもない。

人生ってどうなるかわからないね(笑)

メンズ脱毛サロン
SAMURAI Classicは
脱毛効果に
コミットしていきます。

青森市のメンズ脱毛サロン
SAMURAI Classicの魅力は
↓↓↓
https://www.samurai-classic.com/lp/campaign/

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. オンラインセミナーをより伝えるためには…

  2. 皆既月食を見ながら感じた老化の理由とは

  3. 女性の質問に解決策を言いたくなっちゃうのが男の性!良くないとはわかっているのにね♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する