眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

人も違って当然、眉毛もね。

vol.3102
眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元にお届けするメルマガ

ブログには書かない
眉ソムリエ®NARUMIの
近況を書いています。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
✨眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
*********

最近ハマっている漫画が

「宇宙兄弟」







もともとはボクの兄が好きで

コミックを集めていたので

先日、最新刊まで借りて

夜な夜な読んでいますw





ワンピースは

文字が多すぎるので1巻を

一気に読めないのですが




宇宙兄弟は

程よい文字数で気軽に読める。




宇宙兄弟を見ると

兄弟の絆も良いのですが




何より、

たくさんの個性の人と付き合い

その場のを乗り越えていく




それを見るのが楽しみでもあり

勉強にもなるんですウインク


主人公目線で行くと

決して強制しない。非難しない。




自分たちでどうにかなることなら

出来るようにどうするか?を

考えて行動していく。




主人公の予想外の発想が

勉強になるんですよ~照れ


メーク業界でも

予想外のメーク方法が

日々出てきます。




例えば


アイラインの跳ね上げを

スプーンを定規にする方法ひらめき電球
チークを目の真下に付ける

オフェロメークひらめき電球
ここ最近だと

地雷型メーク・量産型メークひらめき電球


インスタが起源になって流行ったり

プロメークアップアーティストさんが

起源になって流行したりです。




ここ最近は

インフルエンサーの影響が大きいですが




以前、

メーキャップアーティストの人に

直接聞いたことがあります耳


「どんなところから

新しいメーク方法って

生み出されるのですか?」




すると

そのアーティストさんは




常に

常識を

疑う事




と教えてくれました。




眉を書く時でも

「〇〇しなくてはいけない」

とイメージしていること

結構あったりします。




ひらめき電球眉を書く時は

毛の流れに沿ってペンシルを動かす。


ひらめき電球眉毛は眉頭→眉山→眉尻の順に書く。


ひらめき電球眉毛は書いて仕上げるもの。




↑これは、守らなくても

キレイな眉毛は書けます。






ずっと考えていると

常識に囚われやすくなるけど

ずっと考えているから

常識に疑問がもてる




以前、メークアップアーティストさんが

教えてくれたのも

こういうことを伝えたくて




常に常識を疑う

と話してくれたのかも

しれません。




眉毛の非常識を見つけるため

これからも眉毛の事、

研究していこうと思いますグラサン こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
YouTube動画も更新しました✨
http://urx.blue/ijNw
それでは、またっ
眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
ホームページ✨
https://mayusomurie2020.com/
お仕事、メディア関連のお問い合わせメールはコチラ✨
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ
代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 新卒面接でのメイク、眉毛は整えない方がいい?

  2. メイクの大会で勝つためには、自分を殺す!

  3. 眉の手直しで失敗しない方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する