眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

形にこだわり過ぎて眉毛濃くなる

vol.3089
眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元にお届けするメルマガ

ブログには書かない
眉ソムリエ®NARUMIの
近況を書いています。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
✨眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
*********

眉毛の形を整える時

ムダ毛だけを切るだけじゃなく

ちょっと形を変えてみようかな?

そう思ったとき




思ったのと形が違う時って

ありますよね?




今回はぼくの眉毛で

形を変えてみたので




見え方でどう違うのか?

感じてみてください。




左右の眉の角度に注目



ここ最近

眉毛の角度を緩やかにするよう

特に眉尻近辺を伸ばしていました。




そして微調整していた時

眉頭から眉山の上の部分の毛を切って

キリッと要素を足すために

ストレートにしようと思うとき




角度を間違うと

眉毛の角度、目の印象が

全く変わってきます。




眉毛の角度が付いて

キリッとというかキツい印象に見えます。








こういう時は

眉頭~眉山の上の部分を

少しふくらみを持たせるように

眉を書き足してあげます。


下矢印下矢印下矢印




ここまで読んで

お気付きの方は素晴らしい!




そう、ただ単に

眉毛の整え方を

失敗しただけです(笑)

(まぁ、こういうこともあります)




眉の形を整えたり

形にこだわって眉毛を書くと




上手く眉毛が書けなかったり

濃くなってしまうことがありますウインク



そんな時は

眉毛のこともわかってきて

成長の証でもあります。




こういう時は

一度、初心に立ち戻って

シンプルに考えてみると良いです。




なりたいイメージは

おそらく変わっていないはずなので




次の重要なポイント

①眉山の位置はどこなのか?

②眉尻の角度は目尻と平行に

③眉頭の輪郭・角度・スタート位置




これを改めておさらいです。




でも、なぜか眉山の位置が

初めに決めた所と違う…




そう感じたら次の点を

意識して見ます。




眉頭→眉山→眉尻へと

ペンシルを動かしていないか?

ということです。




これ

よくやってしまう修正方法なのですひらめき電球


でも、安心してくださいOK 理由はわかっています。




修正するたびに

どんどん眉山が外に移動しちゃう

眉山の位置を

ずらさないためには


↓↓↓


******

①まずは眉山の位置を決める

②眉尻を書く時は

眉山の印にペンシルを置いて

眉尻を書き始める

③眉頭方面を書く時も

眉山の印にペンシルを置いてから

眉頭へ書いていく

******








この意識があると

眉山はズレにくくなります。




修正する回数を減らすことで

眉の形にこだわったら

眉毛が濃くなることは改善できます合格


前は出来ていたのに

なんか出来んくなった…ぐすん


がっかりしそうですが

いろいろわかって来たからこそ

次の段階に進もうと

チャレンジしている事でもあって




その時に頭がこんがらがって

あれ?出来なくなっちゃった…。

そう思うようになるんです。




決して、テクニックの後退ではなく

成長過程の一つOK


なので

一度ポイントを振り返ってみると

また一歩成長できます。




出来ないことを

試行錯誤してできるようになると

一番成長を感じますからウインク こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
YouTube動画も更新しました✨
http://urx.blue/ijNw
それでは、またっ
眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
ホームページ✨
https://mayusomurie2020.com/
お仕事、メディア関連のお問い合わせメールはコチラ✨
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ
代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. メイクをしていると、毎回同じところで迷う。

  2. 人生の転機、あの時が無ければ…24歳、覚悟を決めた日

  3. 『やらぬ善より〇〇』海外挙式でのメイク編

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する