眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

微妙な色の違いを見極めるには

vol.2884

眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

ツイッターにも

情報をつぶやいています。

キラキラTwitterアカウントキラキラ

右矢印https://twitter.com/narumi_pony

2月11日から

Facebookライブ配信もしています

右矢印Facebookページ

【昨日のいいねグッ】16人
2020年の累計 294人

*********

先日、家族と過ごしていると

スマホに見知らぬ番号から

電話がかかってきて出てみると…

なんと、

約10年前にお世話になった方から

かかってきた電話でしたハッ

電話をかけてくれたきっかけが

眉ソムリエなるみとしての活動を

風のうわさで聞いて

調べてみたらブログにたどり着いて

一晩かけてブログをさかのぼって読んで

電話をかけてきてくれたのとのこと

ブログを書き続けていなければ

電話もかかってくることなんか

なかったろうし

眉ソムリエとしての活動も

続けていたからこそです。

継続することって

本当に大切ですひらめき電球

2月11日から続いているライブ配信

昨日も大成功に終わったのですが

以前のライブ配信で

男の人でも眉を書くことは

とても大切ですよ!

ということを発信すると

実際に眉を書いてみた方もいて

その行動力が素晴らしい!

もし、ほかにも

やってみようと思う男性がいるとしたら

周りにバレない!

アップここを意識です。

そのために

色選びと力加減を

大切に考えます。

力加減は先日のブログ

下矢印下矢印下矢印

コチラでふれたように

ほうきで掃くように色を重ねる

なのですが

今回は

より詳しい色選び方法。

眉の色選びポイント

最近は肌の色(ブルべ・イエベ)で

メイク商品は選んだ方がいい!と

ありますが

男性の眉や眉を書き始めます!

という方は肌の色での選び方は

次のステージでOKですOK

眉の色選びで考えるポイントは

1もともと生えている

眉毛の色に近いこと。

2眉を書くアイテムは

黒すぎず茶色過ぎず

3ペンシルアイブロウなら

芯のが硬いこと

そして、これら

テスターで試してみることです。

(ここのハードルが高いですけどあせる

2の黒すぎず茶色過ぎず…

という、曖昧なところは

色を比べてみる

これをすると

一気に色の違いが見えます。

手の甲に書いて

比べてみるんです

1色だけで見ると
違いはよく判らないけど
隣にもう1色来ると
色の差がすごくわかります。
下矢印下矢印下矢印

ここで
“黒すぎず茶色過ぎない色”を
選んであげます。
3のペンシルアイブロウの
芯の硬さは
何種類か手の甲に書いてみると
色がすぐ着くか?ということと
硬さの違いは結構判ります。

究極な色選びは…

(ハードルは一気に高くなりますが)
もし、化粧品店の店員さんに
話しかけることが出来るなら
店員さんに聞くのが手っ取り早いです。
今は新型肺炎の影響で
実際に眉を書いてもらうことは
してもらえないことの方が
多いですけど
店員さんは
色の違いを知っているので
聞くといいですよひらめき電球

眉を書くということは

それだけ雰囲気も変わります。

心に抱いている想いを

眉で表現していきましょうウインク

それでは、またっバイバイ

******

眉ソムリエNARUMI(なるみ)の

原点は下矢印下矢印下矢印

人生の転機、あの時が無ければ…24歳のぼくが覚悟を決めた日

******

ホームページ

下矢印下矢印下矢印

眉ソムリエ HP

お問い合わせメールはコチラ

下矢印下矢印下矢印

メールお問い合わせ

お仕事ご依頼のお問い合わせはコチラ

下矢印下矢印下矢印

お仕事お問い合わせ

メディア関連のお問い合わせはコチラ

下矢印下矢印下矢印

メディアお問い合わせ

030-0822
青森市中央1丁目24-4

有限会社 マロミ

鳴海吉英(なるみ よしひで)

<
div>

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉を書く時いつも迷うなら眉山と眉尻

  2. 【眉で印象を変える】下がり眉がら凛々しく変えるための3つのコツ!青森から発信

  3. アイディアは浮かぶけど行動できないならコレがいい!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する