眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉を描くペンシル選び。大切なのは…

眉ソムリエNARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)です。

眉を描くアイテムを

説明しようとすると

眉を描くやつ・アイブロウ・眉墨…

さまざま出てくるのですが
一番多く使われているのが

ペンシルタイプ

下矢印下矢印下矢印

一言で表現すると”万能”

細くも描けるし

描いた後をなじませれば
太くも描ける

ペンシル1本持って歩けば
大体の眉は作れる

それくらい万能です照れ

ただ、物事には何にでも
良い面とそうでない面

(メリットデメリット)が存在します。

今回は眉ソムリエとして

その辺をお伝えしていきます。

これを知れば

ペンシルを使うべきなのか?

もしくは

どんなペンシルがいいのか?

見えてきます。

万能のペンシルでも

芯の形があります。

丸・楕円・極細

これも人によって

使い慣れている形で

眉を描いていけますね合格

ペンシルの芯の形より

眉を上手に描くために

重要視してもらいたいのが

芯のかたさ

化粧品を伝える立場にいると

たくさんのメーカー・ブランドの

眉ペンシルに触れる機会があって

芯のかたさは、本当に様々

ざっくり分けると

硬めの芯は

落ちにくい

ベタ眉になりにくい

×摩擦により眉が抜けやすい

一方

柔らかめの芯は

力を入れずに描ける

ペンシルでもふんわり描ける

×ベタ眉になりやすい

こんな感じで

いい面・そうでない面があります。

何種類かを

手の甲で試すとわかります。

もしくは店員さんに

ニコ「硬めの(柔らかめ)の芯の

ペンシルアイブロウってどれです?」

と聞くと教えてくれます。

では

どの硬さを選ぶのか?というのは

芯のかたさによるメリットデメリットを

参考にする

というのと、もう一つが

力加減

アップこれがめちゃめちゃ大切ですビックリマークビックリマーク

ついついグイっと力を込めて

描いてしまう方もいます。

…ベタ眉になりがちな人

柔らかめのペンシルでグイグイ描くと

塗ったような?貼ったような?

眉になっちゃうのは

なんとなく想像できますよねニコ

他にも

いままでずっと

硬め芯のペンシルを使っていたけど

何らかの理由で

柔らかめ芯のペンシルを使うと

硬め芯の感覚で描いてしまうので

眉が上手に描けない。

こんなことも起きます。

力加減は大切だし重要

力加減は

このブログでも何度も出てくる

キーワードで

力加減を制すものは

眉を制す

と言っても過言じゃないんです

どんな力加減なの?

こればっかりは体験してもらうのが一番ビックリマーク

自家製パンを作るように

耳たぶのような硬さ

みたいな表現ができず、

うまく伝えられない。

気づけばもう1週間後に

迫ってしまいましたが

style=”font-weight:bold;”>12月5日~12月7日まで
広島に行きます!

勉強会も含めていくのですが

その合間に美眉レッスンも

入っているのです。

(ありがたや~、ありがたやラブラブ

12月5日と6日は

埋まっているのですが

7日は午後、開いている枠がありますひらめき電球

帰りの飛行機の時間もあるので

最終受付は

11:45〜13:45までの間かな?ウインク

広島に来るチャンスは

なかなか無いので

これを機に

眉の力加減を体感し

今まで培ってきた眉の

描き方を生かして

眉の基本的な描き方を

覚えてみませんか?

眉ですべてが変わります!

詳しくは

こちらのブログを読んでみてください

下矢印下矢印下矢印

それでは、またっバイバイ

ホームページ

下矢印下矢印下矢印

眉ソムリエ HP

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822
青森市中央1丁目24-4

有限会社 マロミ

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 目の前ばかりを気にして、大切なことを見失う。

  2. 男も眉を整える時代、眉を整えなかったらどうなると思います?

  3. 自分から逃げる。逃げるも正解、向き合うも正解。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する