眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

世界的ブランド経験者からもお墨付き

愛知県でのメイクレッスンに向けて

実践でのモニター体験でした

今までは

もともとぼくのことを

知ってくださる方に

お願いをしていたのですが

今回は

直接、ぼくのことは知らない

先輩の奥様にご協力いただきました。

もともと知っている方と

初めてぼくと話す方では

やっぱり雰囲気が違いますからね。

さらに、ありがたいことに

同じ美容の接客経験もある奥様で

いわゆる同業者さま

しかも、全国…いえ、世界的に有名な

美容ブランドの教育を

受けてこられた方なので

最高に目の肥えた方でございます。

同業者に伝えるのは

緊張する場面でもありますが

いままで積み重ねてやってきたことは

劣らぬつもりで重ねてきたので

今まで通りに伝えるだけです合格

先輩の奥様

美容を経験されているだけあって

自分を客観的に見て理解しているし

もともとがお美しい~ラブ

いつもの状態でも十分なのですが

話を聞いていくと

客観的な魅せ方と

本質的に見てみたい姿は

違いもございました。

さぁ、眉ソムリエとして

眉でもう一人の自分に

出会うきっかけを作っていきますひらめき電球

下矢印下矢印下矢印

グッと目ヂカラが入り

今以上に存在感というオーラが

あふれ出ています。

あなたらしさを失わず

もう一人の自分に出会う。

先輩の奥様

レッスンの会話の中でも

おっしゃってました。

照れ普段の生活では

思ってても出来なかったけど

心のどこかで

こんな雰囲気に憧れていたかも

こんな気持ちになったら

何が起きるでしょう?

きっと、自分自身にわくわくして

一歩、前向きに踏み出せる!

運命が変わるって

その積み重ねです。

行動あるのみ!

それをメイクの中でも

眉に特化してお伝えしました。

先輩の奥様とお友達の

フェイスブックのやり取りでも

下矢印下矢印下矢印

おったまげ〜…って

バブリーになっておりますが

アップこんなやり取りが見れるもの

なんだかうれしい照れ

最後に同じ美容経験者の

先輩奥様から

「教育として勉強してきたけど

眉にここまでの想いが詰まっているとは

思ってもいなかったし

こんな勉強してこなかった」

とお墨付きをいただきました!

さて、明日は初めての名古屋に

行ってきます!

今、青森市、外は暴風です滝汗

暴風、おさまりますよ~に

それではまた~ウインク

ホームページ

下矢印下矢印

  • コメント: 0

関連記事

  1. 迷いがなくなると起きること。

  2. 一番集中して聞けるのは、知りたかった情報を知れるとき♪

  3. 【素朴な疑問】眉のムダ毛は切る?抜く?どっちが良いの?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する