眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

メイクは何のためにするのか?自分のため?それとも誰かのため?

先日、

介護のお仕事をされているお客様と

施設での生活について話になって

女性はいつになっても女性

というのを

目の当たりにするそうだビックリマーク

若い職員さんに

注目してもらいたい気持ちもあり

でも、

手がかけられない事が続くと

スネた顔や態度をとるらしいビックリマーク

(おばぁちゃん、かわいいなグラサン

あ・え・て

極論的な疑問を投げかけるなら

婚活中なら身だしなみも気にするけど

すでに彼氏がいたり

モテる必要がなく結婚をしていたら

身なりを整える必要は

ないんじゃないか?

音譜上手くメイクが出来たら

自分のテンションが上がる?

ひらめき電球肌がキレイだったら

化粧のノリが違う?

ブラシいつものメイクや

いつもの顔でいることが

安心感につながる

アップこのような理由も

間違ってはいないし

納得の部分だけど

心のどっかで

誰かにチヤホヤされたい

こんなことは無いだろうか?

同性から

ラブ「あの人、いつも眉がキレイよね」

照れ「肌白くて、何使ってんの?」

おねがい「あの人みたいなメイクしたい。」

こんなことを言われたら

確実に嬉しい。

はたまた

男性に

デレデレ「今度お食事に行きませんか?」

ウインク「かわいいですね…」

と声をかけられる

・・・かもビックリマーク

こんなことはあり得ないけど

万が一、万が一、あるかもしれない。

決して、異性にべったりとくっ付かれ

チヤホヤされたいわけじゃないけど

そう、妄想するだけでも

ワクワクするラブラブ

万が一のために

身なりはきちんとしていたいビックリマーク

同性にしても異性にしても

誰かに見られることを

無意識のうちに

感じていると思っている。

だから、ボクは男性目線で

メイクを考えていく場面もある。

こんな女性だったら

なんて声をかけようか?

(…実際は出来ないけど

妄想だけなら自由ですからw)

その時意識しているのは

あなたの

チャームポイントはどこ?

ってことひらめき電球

例えば

目なのか?唇なのか?肌なのか?

ブラシそのチャームポイントを生かす

もしくは、

口紅見てもらいたいところを意識する

でも

アップこんなのあえて意識すると

小恥ずかしいもんです。

なので、

メイクを知りたいというお客様には

客観的にチャームポイントを見つける。

そして、

ちゃんと言葉で伝えるウインク

メイクの相談に来たお客様を

客観的に、そして、男性の目線も含めて

良きポイントを見つけ

引き出していくのが

ボクの役目と思って

今はお店に立っていますひらめき電球

あなたも

自分のチャームポイント

見てもらいたいところ

さりげなくアピールしていますか?ウインク

今回は

メイクのノウハウという内容から

ちょっと外れちゃったけど

最後まで読んでくれてありがとうおねがい

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 人脈の広がり方。しかめっ面に見えると人は寄ってこない

  2. Queen・フレディマーキュリーのことを何も知らずにボヘミアンラプソティを見てきた結果

  3. 【超有益】太眉を自然に可愛く見せる眉の整え方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する