眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉を微調整するたびに、眉の形がどんどん悪くなっていく。

先日のブログで

引退記者会見をした

イチロー選手の眉に

勝手ながら触れさせて

もらったのですがグラサン

右矢印イチローの顔が凛々しく、カッコいい理由は…。あなたにも必ず作れる

image

眉って奥が深いのは

あなたもご存知の通り

ただ、

だからといって難しいのではなく

あなただけのポイントだけを知るなら

手が慣れるまでが

ちょいと難しく感じるくらい

考え方はすごくシンプルひらめき電球

んで、

昔、ボクは

ある程度仕上がった眉に

ひらめき電球ちょっと丸みをつけよう

ひらめき電球ちょっとハッキリさせよう…と

いわゆる”微調整”をしたら

ちょっとのつもりが

あれよあれよのうちに

どんどん眉の形が

変わって行っちゃった…あせる

いい方向に変わればよかったけど

真逆!めっちゃ変な眉にゲロー

そんな経験をした。

なぜ、形が変わっちゃったのか

原因が分かれば

それを直せばいいだけの話けど

その当時は

原因もわからず

微調整すればするほど

形が崩れていく…。

そんなことに恐怖を感じ

微調整できずに

1発勝負で眉を仕上げてた滝汗

でも、しばらくやっていたら

ある日突然、謎が解けたビックリマーク

それは

眉山!

微調整するたびに

眉山がどんどん外にズレていく

これ、共感してくれる人いるかな?

ほんと不思議と眉(眉山)が

どんどん変わっていく。

原因がわからないものって

なんとも言えないヤキモキ感

そんな中

眉を書いていたら

眉を書くが嫌になったり

完全に諦めて前髪で隠すか

気分はいいもんではないビックリマーク

でもね、眉山。

結構、大切な部分だから

明日からの眉、気にしてみてウインク

なぜかわからないけど

微調整のたびに

眉が変わってしまうなら

眉山が外にズレていっていない?

注目してみてくださいねウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.insta

gram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************p>

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 2

関連記事

  1. 美容の接客では同じ方向を向いているかが大きなカギ

  2. 3日でどうやって講話を作っていったか大公開♪

  3. ついにこれをやる時が来たのか…自分の殻を破る究極。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    眉山が変わるから眉尻も変わる。眉頭も!
    比率が変わり、長さが変わり、角度が変わり、何がなんだか(笑)
    微調整のつもりが、少しずつ外側に描き足しちゃってる気がします。明日から気を付けてみたいと思いました。ありがとうございます!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >おかき@響チューニングさん
    共感ありがとうございます~♪
    そう、そうなんです!何が何だかわからず
    手が付けられなくなっちゃうんですよね~!
    でも、なんとなくでも比率や角度や
    眉山に書き足しているのが
    分かっているだけでも
    素晴らしい気づきです(^_-)-☆
    意識するだけでも変わるので
    やってみてくださいね(^^♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する