眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

ヒゲのレーザー脱毛2回目。シンプルが何気にいい!

先日来てくれたお客様は

肌荒れしやすいお肌の持ち主

肌に触れると

火照っているように

肌が少し熱をもっていたビックリマーク

原因はいくつかあるけど

注意化粧品の使い方か

注意肌に合っていない化粧品チョイス

アップだいたいココ!

肌が火照って熱を持っているなら

シンプルだけど、

まずは冷やす

という事も有効な手段なんだひらめき電球

冷水をタオルに含ませて

肌に当てる。

先日、

2回目のヒゲのレーザー脱毛で

痛熱いを経験してきた

(前回から2カ月経過)

今回やってみたことは

ステロイド剤で炎症を抑えるよりも

冷水を含ませたタオルで

念入りに冷やしてみた。

レーザー照射は

前回よりも出力を上げて

レーザーを当てて行きます!と

相変わらず

愛想が良いとは言えない施術者に

説明を受けてから

熱っつアツに熱した油を

顔にペッペッと振りかけられている様な

悶絶級の痛みに耐えてきた。

レーザー照射直後は

肌の中からヤケドしたような

ジンジンした違和感ゲッソリ

帰ってからは

厚手のタオルに冷水を含ませて

肌に当てる面を変えて

とにかく冷やした。

今の時期の水道水は

キンキンに冷えてやがるから

最高に気持ちいい〜ラブラブ

厚手のタオルが肝だよウインク

すると

赤みもグングン引いて

肌荒れっぽさは

見えないほどまでにひらめき電球

ステロイド剤も効果は感じるけど

冷水タオルの方が

冷たい気持ち良さもあってか

炎症を治める効果を感じた

ただ、ここからが問題ビックリマーク

ヒゲのレーザー脱毛は

レーザー照射直後から1週間ほど

地獄の様な期間になるえーん

まずは

深剃り出来ない滝汗

少しでも青髭感を無くしたくて

普段は念入りにヒゲ剃りをするけど

レーザー照射後は

まだまだ炎症も治まりきらず、痛いし

肌の表面はボコボコしているから

深剃りすれば

出血もするし

毛嚢炎(もうのうえん)にもなりやすい。

上矢印こんな感じに

ニキビの様に炎症して痛いし

見た目にもキモいゲロー

(さすがにここはステロイド剤を使う)

でも

1週間過ぎる頃からは

弱い毛から抜け落ちてくる

同時に肌表面のデコボコ感も

無くなってくるから

深剃り出来るようになる

理想は

レーザー照射した後

なるべくヒゲを剃らなくてよい

休みの前日が超〜理想。

5月の10連休とか、

長期休暇に合わせるのが

おススメ!

もしくは

マスクでヒゲを剃らずに隠す

まだ2回目のレーザー脱毛

ボクの強固なアゴヒゲの1本1本は

スッポンエキスでも飲んどるんか?

ってくらい

元気があり余っていやがるえー

まだまだ先は長そうだ…

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらstyle=”font-weight:bold;”>https://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 作品作りを通じて眉の書き方を学ぶ

  2. 失敗したくないから無難な色を選ぶ?専門家はその殻を破る役目がある!

  3. キツイ言葉を受け入れる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する