眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

ニキビになる食事?ニキビを治す食事?実際どうなの?

ネットニュースでも
これからの地震の発生確率が
高くなっている
…というニュース。
こういう地震予測…
いつも思う。
なぜ、いつも30年以内の発生確率。
南海トラフや東京直下型地震も
見るたびに30年以内の発生率。
年数が経つんだから
25年以内にとか、10年以内に…
という発表はならないの?
もう、
100年に1度の逸材アイドル
という肩書きの人物が
3年に1度は出てくるのと
同じ感じですやんw
それだけ”絶対はない”
ということだよね。
昨日、ネットの記事に
京都大学医学部特定准教授で
皮膚科医の大塚篤司医師が
語った内容があったひらめき電球

「ニキビができない食事を教えてほしい」 皮膚科医の意外な答えと食事療法の意義

下矢印下矢印下矢印
ニキビに悩んでいる人からすれば
藁をもすがる思いで
ニキビ解決のためなら
知りたいし、実行したいはず。
リンク先の記事から一部抜粋すると
******
最終的に、
ニキビに対する食事療法は
医学的に根拠があるものはない、
としかいえません。
患者さん自身が
特定の食材の摂取に伴い
ニキビの悪化を経験しているのなら、
個人の経験を
信じて良よいと思っています。
******
要は、絶対にコレ!という食事は
無いって事。
(期待していた人ごめんねえーん)
お蕎麦がいいとされても
蕎麦アレルギーの人には
生きるか死ぬかの問題になる汗
実際にお客様でも
ニキビの相談に来られる方も
原因がさまざま。
ドクロある食べのもに必ず反応する
ドクロストレス環境の変化で収まった
ドクロお手入れの見直しで少なくなった
ほんと人それぞれひらめき電球
肌の状況を見ても
いろんな要素が混ざっているから
自信をもって
化粧品はおススメするけど
使う前から絶対に効果がある!
とは言い切れない。
ただ、長年携わっていると
経験則からも憶測することは出来る。
さらに
ニキビで悩んだ過去があれば
ニキビの変化から
思いがちなニキビの勘違い。
ここまでも寄り添うことはできる!
ボクもニキビ肌で苦労したからこそ
言えることは
一人で解決しようとしない事
少し勇気を振り絞っても
相談してみる事
(出来れば客観的な視点で
話を見聞きしてくれる人)
直接お店に行けなさそうなら
  • コメント: 0

関連記事

  1. 大人の美貌をあふれさせるコツは…

  2. メイクの方法を伝えることが出来たら、次のステージはコレ!

  3. ファンデをつけると皮膚呼吸が出来なくなって、肌に悪いってホント???

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する