眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

付属のスポンジやブラシを使うのか?後からブラシやスポンジを買う方がいいのか?

今年もあと2日

バタバタして、昨日の夜

やっとDMを発送しましたあせる

お尻に火が付かないとやらない

ただ、その時の集中力は

ハンパない。

いいんだか悪いんだか…

んで、DM=ニュースレター

なのですが

手書きにこだわっています。

さらに

1枚の原稿を仕上げるのに

結構、工程を重ねます。

1頭の中にある言葉や

こんな感じにしよう!というイメージを

ザーッと紙に書き出す

下矢印

2言葉が出過ぎて

何を伝えたいのか?

わからなくなるので

閃きを消すのは

惜しい気もするけど

とにかく削除しまくる

下矢印

3文字数や写真を入れるスペース

など、読みやすくなっているか?

下書きをする

下矢印

4そして

やっと本番書き

紙に書き出しては

消しての繰り返しなので

消しゴムの消費量は半端ないあせる

んで

使っていない消しゴムなど

この際使っちゃおう!

と思うのですが

この消しゴムチョイスでも

効率が変わってきますビックリマーク

何かのおまけについてくるような

消しゴムってめっちゃ硬くないですか?

砂消しか?ってくらい。

(↑の画像の左の消しゴムめっちゃ固い)

減りは少ないんですけど

鉛筆の文字が消えない汗

さらには

硬くて消えないから

力が入って紙がグシャってなるびっくり

そして、紙が破けて、ジ・エンド…

イライラというか

無の境地に突入します真顔

道具の良しあしで

効果だったり、効率が変わるのは

メイク道具でも同じ

コンパクトケースに

付属のスポンジやブラシは

粗悪品ではなくても

収納するために

ちっちゃくなっているので

使う時に

手の中に納まり過ぎて

安定しないから

正直使いにくいあせる

持ち運びできる

という点ではいいんだけど

実際に使うとなると

変わってきます。

特にブラシなんかは

毛の質が違うと

仕上がりも変わってくるので

メイク商品の使い方

 ×

商品とあなたの相性

 ×

使うブラシ

この辺は

どれも大切ですね。

化粧品にしても

道具にしても

いいものを長く使う

長い目で見ると

コスパとしていいものが

たくさんありますよウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち<br />追加” border=”0″ height=”36″ src=”https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png”></a></p>
<p>↑↑↑(クリックすると</p>
<p>LINE登録画面に飛びます)</p>
<p></p>
<p></p>
<p></p>
<p>***************</p>
<p></p>
<p></p>
<p>お問い合わせメールは<img loading=これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【激変】お化粧でどこまで変わることが出来るのか?かわいらしい雰囲気から大人っぽい雰囲気へ!

  2. 宇野昌磨くんのフィギアスケート引退の決断はどのよう至ったのか?

  3. 縄文時代と弥生時代の境目を挑戦したことがわかる発掘

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する