眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

上司からのメイク指導…。好きでもない色を指定された。

先日来てくれたお客様

相談があるんですけど~と

言い始めました

上司にメイクを指摘された

とのことでした。

もう少し話を聞くと

メイクの濃さに関して

「もう少し濃い方がいい!特に口紅」

と言われたのですが

お客様は

それなりにお化粧をするけれど

濃い色より

年中パステルカラーのような

淡い色の口紅が好きなんですあせる

上司からのメイク指導

逆らうことは出来ない…。

ですよね。

でも

濃い色の口紅は

口紅だけが浮いていそうで

恥ずかしくなる笑い泣き

そんな板挟み状態は

口紅ではなく

口紅以外のメイクで

濃くして、化粧映えさせます。

すっぴんに近い状態に

口紅(濃い色の口紅)となると

やっぱり口紅だけが浮きますビックリマーク

ファンデは重ねて

ちょっと濃いめにして

眉も形は変えなくても

少し色を足して濃いめにする

というように

いつものお化粧に濃さを足して

口紅は好きな色でいい!口紅

ここで何が大切なのか?って

口紅の濃さの問題ではなく

全体のお化粧している感を出すこと

濃い口紅をつけて

唇が浮いて見えるのも

周りが薄めだからです

メイクの方法は1つじゃなく

意識的に

見え方を変えることもできるものです合格

まずは、いつものお化粧から

色を重ねて濃くしてみる

やってみてくださいねウインク

翌日、お客様から

「メイク褒められました」と

ご報告をいただきました照れ

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話pe=”telephone”>017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. お客様の満足度を高めるための眉の触れ方。

  2. 人生初の症状…その時あなたはどうする!?青森から発信

  3. 応援されるメイクと不快にさせるメイク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する