眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

デマ情報も飛び交う中、”情報を精査する”とはどうすることなのか?

災害があっても

復旧の速さや給水に並ぶ

ツラいときこそ

お互いに助け合う

日本人らしさ

というものが表現されるのですが

良い面もあれば

当然、裏もある。

いろんな情報が飛び交う中

情報を精査する力をつけるためには

どんなことをしたらいいのだろうか?

東日本大震災があった時

青森市は自然の恩恵で

被害が最小で済みました。

ブログを勉強した福島の仲間は

実際に被害に遭い

その言葉は重さは全く違いました。

揺れ・津波、そして、人災。

東日本大震災の後

ボランティアで岩手県に行くと

報道にはあまりなっていない被害を

目の当たりにしました。

ある意味、人災でした。

津波被害はひどいところは

家屋の9割が流され

残った1割の家屋は

1階部分の柱しか残っていない

そんな状況でした。

そこの住民であろうおじさんに話しかけ

手伝いをさせてもらうと

タンスを一緒に運びながら

教えてくれました。

足元に落ちているお祝い袋

そこのお家は家を建てて3年

震災後、避難所で生活をし

荷物整理に来た時には

家のものがなくなっている

お祝い袋は

”新築祝い”と書かれていました

卑怯な事する奴はいるんですね。

盗難したのは日本人なのか?

違う国の人なのか?

それはわかりませんが
被害に便乗しての盗難は酷い

海外では災害での犯罪は

罪が極めて重くなるとか…

それくらいあってもいいくらい酷い。

情報を聞いて

それを誰かに「~らしいよ」と伝えるのは

まだ情報に左右されています。

それよりも

自らの行動で見てきたものや

体験したことはそれ自体が事実

美容でも

情報が溢れまくっているし

本質をついていると感じる

少数派な情報ほど

隠れやすいんじゃないかと感じます。

だからこそ

本質を突いて

議論されているような方々と

一緒に勉強してみてきたことが

ボクの中での事実であって

学び続ける”事柄”なのかと

感じています。

スマホ一つで

情報が得られるだけに

情報を精査する

情報の本質を突くというのは

大切な事であって

数に埋もれようが

大切なことは伝え続けよう!

それが

出来ることをする

なのかな?と思います。

大阪の地震で

4人の方が亡くなって

その中でも

9歳の女の子が塀の下敷きになって

亡くなってしまったニュースは

娘を持つ親として

心が痛みますね。

余震?本震?や

2次被害3次被害にも

注意を払いたいですね。

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. むつ市倫理法人会での講話ともう一つの物語

  2. 技術職であまりよろしくない流れ…

  3. 相手に安心を与えるマスク眉メイクとは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する