眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

薬剤師ってどうしてあんなに高収入なの?という時代は続かないようです。

同業の化粧品店を見てみると

化粧品と薬局を

一緒にしているお店さんがあります。

これは青森に限ったことではなく

全国的にですよね。

以前、薬剤師免許を持っている

先輩化粧品専門店経営者の方と

お話をしていると

「この前あるドラックストアから

電話が来て

週に何回かお店に来てくれないか?

給料は〇〇万円出すから…

って言われたけど
面倒だから断った~ww」

と教えてくれました。

薬剤師の免許って

そんなにお金を生めるのか?

ドラックストア側から見て

週何回かの出勤で

週5働く人より数倍も
お給料を出すくらい

薬(調剤)は
利益が出せる世界なのか?ポーン

そんなことを思っていたら

そんなうまいことだけではないようですM

国の方針として

かかりつけ医と

かかりつけ薬剤師を推進

これで報酬額が

大きく変わるみたいです。

気に入らなかったら他をあたる

セカンドオピニオン制度

これらが当然になっている時

”かかりつけ”=顧客・常連さんを作る

そんな課題が出てきたわけです。

医療に興味がない…真顔

ページを閉じないでくださいあせる

やっとここからが本題です。

チェック新規客を得たり

チェックリピート客を増やしたり

チェック客単価を上げる

お店をしていると

大きな大きな課題で

頭を悩ますところですよね?

新規・リピート・客単価…

これらは

きっかけも大切だけど

最終的には信頼関係が

ものすごく大きくなってきます。

気力は必要だけど

方法はいくつもあります。

情報発信です。

(SNSでも紙媒体でも)

ボクで言ったら
このブログなんかも

きっかけだったり

知ってもらうことでの

信頼関係になっています。

インスタでもいいんだけど

きっかけも”深い”信頼関係も…

となると、ブログが手っ取り早い

ですかな?

でも…続けられるかな?

自分には無理…。という

あきらめや不安もあって当然。

続けるコツや

考え方はあるけど

初めては上手くいかなくても

やってみることが大切かな?

これからを変えよう!と

思ったら、これまでとは
違うことをするしかないですひらめき電球

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひこれ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉の描き方に迷っている人はスタイリッシュな印象になれる

  2. 男も”シワ”を気にする時代。シワ対策と何より大切なこと。

  3. 誰かのために動いていても”モヤモヤ”が晴れない理由。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する