眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

家業を継ぐ者として感じる敗北感。そこにも最大の強みがある

先日、東京の池袋駅から

地下鉄で一駅の要町(かなめちょう)

にある化粧品専門店

清水屋さんへお邪魔してきました。

こちらhttps://blog.goo.ne.jp/432-ya
(清水屋さんのブログ)

{A6D4D47D-A04D-407F-AB98-607FF1E03F66}

ボクと同じく

家業としての化粧品専門店を継ぎ

今では業界雑誌に

2回も取り上げられるほどニコニコ

お話を伺って

清水屋さんの在り方が

素晴らしいな!

って思った事がありましたひらめき電球

化粧品がわからないことは

最大の強みになると気付いた

家業を継ぐとあるあるなのが

計画的というよりは

チェック家族に急病人が出来た

チェック帰らざるを得ない状態になった

といった

突然の出来事がきっかけで

家業を継ぐウンウン

ボクも同じでした。

清水さん、言ってました

ガーン「メーカーの勉強会に行くと

同じく参加している周りの子は

化粧品大好きな子ばかりで

化粧品のことを知らない自分が

嫌で嫌で仕方なかったあせる

背景がものすごく浮かびます。

清水さんの発想が

素晴らしいと思ったのがここから

嫌な時期を過ごしながらもある時

化粧品を知らないってことは

お客様の感覚に一番近い

業界の常識は非常識

という感覚を

間近に感じることが出来る

だからこそ

伝えられることが私にはある!

と感じたそうです。

ホント素晴らしいなぁ~って

思ったんですよ照れ

今では日々勉強していく中で

周りの参加者との差を感じた

あの苦しかった状況を忘れることなく

お客様感覚を大切に

接しているとのことでした。

考え方・捉え方ひとつで

意味が変わる!ということは

見たし、聞いてきたし

ボク自身も体験してきたけど

清水さんの

わからないことが最大の強み

というのも

素晴らしい着眼点ですよね。

だからなのか

清水さんと話をしていても

商品を売ろう!ということよりも

信頼関係を築こう

という意図を感じました。

それに関しては

次回のブログでウインク

コンプレックスなど

嫌なところって

見て見ぬふりしたくなるけど

実は

そこに魅力が隠れていることが

ありますよグッド!

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追<br></p>
<p>ブログでは書かないような</p>
<p>マニアックな美容情報も<br />こちらで発信していきます<img loading=

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. サプライズ好きな人こそ大切にすべきこと

  2. 失敗せずに出来ることがいいことじゃない!

  3. 英会話レベル1歳児が国際交流の場に飛び込んだ結果…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する