眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

メイクした人とメイクされた人が似たような顔に仕上がったら…

年末出して部屋の掃除でも…

と思って手をつけると

開始5分で

懐かしい写真をみつけ

手が止まってしまったグラサン

その写真は

ボクがメイク専門学校に

行っていた時の写真

ボクが専門学校に入ったのが

平成15年…

当時は男性メークアップアーティストが

テレビにバンバン出ていたせいか

8人クラスに

女性4人男性4人という

男性率がめちゃめちゃ多かったびっくり

その時、先生が話していた言葉が

当時は全く意味がわからなかったけど

今ならすごくわかる!

ということを伝えていたのですひらめき電球

メイクの先生は

「特に女性の方に言います。

メイクした相手の顔と

自分の顔が似ている仕上がりに

絶対にしてはいけませんよ」

と言っていたのです。

「女性に言っているのか?

だったら関係ないか…」と

当然何も意味がわからず

その場を過ごしました。

メイクの仕上がりが

メイクした人された人

同じになっていては
なぜダメだったのか?

実際に

お客様にメイクをしていくうえで

ボクなりの解明が出来ましたひらめき電球

その答えは

また明日のブログでひらめき電球

なぜダメだったと思います?

明日までちょっとだけ
考えてみてくださいねウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ダイソーの水出しボトルが最高だった

  2. キッチン・鏡・ステンレスの拭いた跡を残さずピカピカをキープする方法

  3. これ一つで言葉の重みが変わる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する