眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

電車の中で女性に声をかけられた不思議なお話。

vol.3716



眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です。



25日から言っていた
初めての福岡県。



昨日無事に帰ってきたんだけど
昨日は不思議なできごとを
体験する1日になった。



昨日は午前中に
博多から電車で約50分の
『久留米市』に行く予定。



久留米に向かう電車の中で
椅子に座ってスマホを見ていると



「あの~、すいません…」
突然、女性に声をかけられた。



博多駅から久留米市に行く電車は
8両編成の電車。



真ん中くらいの電車に座って
スマホを見ていると



「この電車は
 久留米までいかないから
 前の方の車両に
 移動した方がいいですよ」



って女性の方に
教えてもらった。



「えっ!?そうなんですか?
 ありがとうございます!」



そう伝えて
急いで前方の車両に座り直して
ホッとした。



でも、どうしてあの女性は
ぼくが久留米に行くことを
知っていたんだろう?



そして
見ず知らずの男に
声をかけようと思ったんだろう?



そう思ったとき
さっきまでぼくが座っていた車両は
博多駅へ引き返していった。



助けてもらった。
そんな感情になった。



おかげで
待ち合わせに遅れることなく
久留米駅に着くことができた。



(左)久留米にある接着剤の専門店
エースボンド株式会社の社長
スエシンさんこと末安真次さん



スエシンさんと
久留米ラーメンの名店
大砲ラーメンをごちそうになって





青森に帰るために
福岡空港へ。



機内のアナウンスでも
東京から北海道は天候が悪く
気流で飛行機が揺れが予想される
って言ってたけど



青森空港に到着する頃には
太陽も海に反射くらい
青森湾の波は穏やかで




気流の揺れもなく
到着時刻の遅れもなく
無事に到着。



25日からの2泊3日の福岡は
「会いたい人に、今、会いに行く」
と決めて行動した。



どこかに行くとなると
旅費としてのお金も
時間もそこに使う。



でもね。
かけたお金以上の価値が
人と人が出会ったり体験が
待っている。



今行かなくていつ行く?
そんな衝動にかられたときは
絶対に行った方がいい!



そして
そんな感情の時は
だいたい、良いことしか待ってない。



出会ってくれた
午前3時の手帳会のみんな。



今回はスケジュール的に
会えなかったけど
「会いたい!」と
言ってくれた人たちがいる



次、九州に行くときには
福岡から足を延ばして
熊本県と大分県の日田市に
行くと決めた!



飛行機を乗り継いだら
4時間で行けちゃうんだから
あっという間。



その間にブログ書いたり
資料作ったり読書できたり
眉毛のことを考えたり…



そして、やっぱり
キャビンアテンドのお姉さんの
眉毛はつい見ちゃう。






こういった

眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら



無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。



眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 県外開催の美眉レッスンにお問い合わせ

  2. 化粧品店って入りくい。入ったら買わなきゃいけない。そんなイメージの化粧品店って何がいいの?

  3. 良いところをもっと伸ばすか?悪いところを修正するか?接客にも影響する考え方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する