眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

アイディアが降ってくる、ひらめきく瞬間の法則

vol.300

ひらめきって

どうやって浮かんでくるのか?

降ってくるものなのか?

昔、バイクに乗っていた時は

バイクに乗って

一人で運転しているときが

ひらめきタイムだったのですが

今は、

シャワーで頭を洗っているとき

目をつぶって

髪を濡らしながら

汚れを落とすために数十秒

頭をワシャワシャやっているとき

これがボクの

ひらめきタイムになっています(笑)

(毎回じゃないけどね)

ボクが思うに

みんなひらめく瞬間はあると思ってて

ただ、気付いていないだけだと

思っているんですよひらめき電球

昔、美容の仕事を

右も左もわからないまま

お店に立った時のこと

しんどいことも多く

考えるのが嫌になった時があって

その時乗っていたバイクを

運転して一人でプラ~と出かけると

フッと仕事のことが頭をよぎり

心の中で

真顔「今は仕事の事考えない、考えない」

と思って、かき消していました。

今思えば

それが”ひらめき”の瞬間でもあったひらめき電球

チェックブログの毎日更新だったり

チェックニュースレターを書いていたり

チェック日々のお店での活動の事だったり

しんどいって思うこともあるけど

必然的に頭が回転しています。

一生懸命だからこそ

あれもこれも…と

常に頭の中にあって

何が何だか分からなくなって

考えがまとまらなくなっていたのが

何か一つのことに集中することで

ポッとシンプルな考えが

アイディア・ひらめきとなって

次につながって行くんじゃないかな?

人それぞれだから

ひらめきタイムも人それぞれ

右矢印バイクに乗って

運転に集中し切った後の

まっすぐな道中で

右矢印シャワーで

まずは汚れを落とそうと

ワシャワシャしているとき

右矢印料理で材料を切っているとき

右矢印釣りでリールを巻いているとき

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も

  • コメント: 0

関連記事

  1. 間違った方向に努力をしていた過去。無駄では無いけど…

  2. 眉毛を上手く書けない整えられないならこれを試す

  3. 顧客・休眠客・離店客…どれにも属さない大切なお客様

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する