眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

メイクの大会で勝つためには、自分を殺す!

vol.270
自信を持つには
チェック過去の経験
チェック自分の中での納得
チェック他人からの評価
いろんな要素がありますよね~
大会やコンテストで
結果を残せると
自信を持つ大きなきっかけになる!
ボクの経験上
大会で勝つにはコツがある。
相手を知って
自分を殺せ!
右矢印相手を知るとは
メイクをする相手ではなく審査員
右矢印自分を殺すとは
あなたが思うキレイの価値観
ボクも自信を持ったのは
メイクの大会で結果を残せたのが
めちゃめちゃ大きかったキッパリ
実際、
胃が痛くなるほどの緊張の中
一心不乱に時間内に終わらせ
審査中、放心状態で
ボクがメイクした子を見て正直…
「こんなメイクを
彼女がデートの時にしてきたら
メイク濃すぎて、引く〜〜」
って遠くから見て思ってました😅
大会は審査されるのがすべて
審査員は何を求めているか?
ここを知るべき
例えば、
審査員にバブリーな奇抜なメイクを
求められていたとして
まぶたが一面、ブルーとかグリーンとか
全国見ても
平野ノラか志茂田景樹しか
やってないだろうってようなメイク
一般の方にメイクしても
“今の時代”の流行りのメイクではない!
だとしても、審査員が
求めているものだったら
自分が思うキレイ!
という価値観を殺してでも
バブリーなメイクに専念する。
優勝しなくたって
表彰されるような入賞を
するのとしないでは全く違う。
こういう経験からも
チェックキレイの価値観は人それぞれ
チェック自分の技術を見る以上に相手を見る
というのを知れました。
大会などに出ると
ほんと勉強になりますよ♪

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

動画のチャンネルは

こちらhttp://u0u1.net/DB92

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

  • コメント: 0

関連記事

  1. イベントが盛り上がるために必要な事

  2. 眉の色ムラを生かす眉メーク

  3. 【結婚式出席】ミディアムヘアのお客様へのヘアアレンジとメイク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する