眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

男も”シワ”を気にする時代。シワ対策と何より大切なこと。

vol.079

昨日、ブーツを磨いていて

フッと思いました。

 
{DA71D4E6-E3A2-4945-8797-A89FE44294A1}


革(皮)だから

お手入れも、人と似てるよな〜〜

と思いながら

靴用クリームをブーツに
練りこんでました。



革製品といっても
加工するために「なめし」
といって
 
 
叩いたり、揉んだり
オイルを練りこんだりして
 
柔らかさや耐久性を
出していくのですが
 
 
そのままにしてたら
乾燥して革がヒビ割れしちゃう
 
 
革をヒビ割れさせないためにも
メンテナンスとして
靴用クリームが必要になる。
(たまには靴用クリーナーもね)
 
 
 
 
革製品が割れちゃったら
もう元に戻すことは出来ない。
 
 
 
 
人の肌はありがたいことに
代謝があるから”皮が割れる”
ということはない。
 
 
その代わり、
シワ
となって残る。
 
 
いま、美意識の高い男子も
シワを気にしている
 
 
 
 
シワって
あるのとないのでは
印象が本当に違いますからね!
 
{5A285FC6-F1E6-4719-9A90-B86B56D2BFAD}


 
 
アップこの画像は
紫外線による”シワ”をテーマとした
記事によく使われる画像だけど
 
 
 
シワは、紫外線だけじゃなく
肌の乾燥からも確実に進みます。
 
 
 
1肌の乾燥
 
 
2細かい肌表面上のシワ
 
 
3肌内部まで
形状記憶された深いシワ
 
 
 
 
こんな感じに進む。
 
 
 
 
細かい肌表面上のシワなら
保湿をしてあげればシワとして
残させないけど
 
 
肌内部まで形状記憶している
深いシワとなると
 
時間もお金もかかるアセアセ
…何より、一度気になったら
鏡を見るたび、そこを見てしまう
 
 
 
昔読んだ、女性雑誌に
シワの対策として
「シワが出来るから
あんまり大きく笑わない」
 
って言葉があったけど
 
 
シワを作らないために
笑いたくても笑わない生き方って…
ぶっ飛んだ発想爆弾
 
 
 
シワを作りたくない!と思うなら
なんでもかんでも
シワ対策!とか書いてある
化粧品を使えばいいのではなく
 
 
 
あなたの肌状態に
いま、何が必要かを知って
 
普段のお手入れをどうするべきか?
それをコツコツ重ねていく。
 
 
すると、多少の肌変化にも
順応できるようになる
 
 
あとは、シワが…ガーンと気にせず
思いっきり笑えばいい!
 
 
笑った時に出来るシワ
1番いい表情を作る素ですよ
 
決して、年を感じるシワじゃない
 
 
バカリズムだなんて
まさにそうですよ
 
 
{2164624A-E474-4E29-A0EB-1E9C1DE80A08}


 
からの〜〜
 
 
 
 
 
{ABD68579-645E-4FC3-A7DA-C4F5B3D09124}
 
 
ねっウシシ
 
 
 
 
 
 
あなたに合った
お手入れをするのが
 
長い目でみたら
お金も時間もかからない。
 
 
何より、自信になりますから
 

シワを気にしすぎるあまり
何か大切なもの…
忘れていませんか?



あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

3名限定の

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

残り1

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのスキンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉が書けずに難しい理由と簡単に眉が書けるようになるためには

  2. なかなか成長を感じないというあなた…

  3. クリスマスメイクで男心を掴む!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する