眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

卒業式のメイク現場の裏事情

vol.049

今日は高校の卒業式とか

多いんじゃないでしょうか?

青森は快晴で気温も高い。

卒業式日和です。

ボクが高校生の時

学ランのボタンをもらいにくる女子が

群がらなくとも1人2人は…

と思いましたが

キレ~イにボタンが付いたまま

学校を出てきました。

もしかして誰か

「ボタンください」って

来るんじゃないか?と思い

すぐに学校を出ず

思い出に浸るふりをしながら

無駄に学校内を

ウロついていたのがダサい

ダサすぎる…血しぶき

ボクが東京で

メイクの専門学校にいた時

メイクの仕事で声が掛かることは

ほぼないです

メイクを始めて数か月の

専門学生だから…。

そんな中でも

唯一あるメイクに関するお仕事が

卒業式や成人式のメイク

単発のアルバイトです。

高校生対象ではなく

大学生対象のお仕事でした。

当日の朝5時に

会場となる衣装屋さんに

メイクする人、ヘアセットする人

着付けする人、写真撮りする人

それぞれが集まり

卒業生が眠そうな顔をして

朝5時過ぎには来るんです。

今までお化粧したことないような

大学生から

小悪魔agehaに出て来そうな

キャバ嬢かっ?ってな大学生まで

経験させてもらって

言うのもなんですが

メイクさんはほぼ学生キッパリ

学校に入って

数か月の学生が多く

メイクのセンスや理論は

未熟なのが事実!

プロとして活動している人も

実際にはいるんですけど

10人中1人いるくらい

だから、

卒業する子がメイクをされて

後でこっそり自分で直す。

ということもチラホラ聞いたkonatu

なんか、この話題になると

両方の気持ちがわかるから

言いづらい・・・

卒業生は

記念に残る日なのに

下手すりゃ

イケてないメイクで1日を

過ごすはめになる

メイクの専門学生からすると

貴重なメイクでの収入源であり

今後に生かせる

貴重な体験でもある

あえて

卒業生の側に立って言うなら

前撮りしとけ〜

{4553E22E-47E8-4CAC-9DEE-8D1DB7152027}

卒業式当日になって

バタバタ慌ただしい中で

メイクもしてヘアセットもして

終わったと思ったら

着物着付けが始まって

写真を撮って、大学に向かう

前撮りなら

バタバタしないから

メイクの直しやヘアセットの直し

じっくり取り組んでくれますから。

集団のメイクやヘアセットになると

1日に10人くらいは

メイクしていくんですけど

メイクする人って

だいたい中腰でメイクをしていきます。

5人目くらいからは

腰が悲鳴を上げ始める頃なので

メイクだけに集中するわけにも

いかなくなるのは経験上あります苦笑い

もし、

あなたの娘さんや姪っ子ちゃんが

卒業式や成人式を

迎える時があったら

当日の事のバタバタを経験させて

イマイチな思い出として

残されるより

「前撮りした方がいいぞ!」と勧めて

記念にプレゼントしてあげたら

お父さんもしくは叔父さん

「さすが!カッコいい!」の称号が

得られますよニコニコ

あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのスキンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4
お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)
マロミ化粧品店 
鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉を書くとき時間がかかりすぎる

  2. 大事なことは言っているのに、相手を置いてけぼりにしていませんか?

  3. 肌診断機器を使わなくても、肌状態が把握できる。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する