眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉山を整える時に気を付ける大事なこと。

vol.4453

眉毛の印象で
大きなカギを握っているのが眉山。

眉山があることで
なんだか印象が強く見えたり

眉毛の角度がついて
キツい印象に見える。

そんなことで
眉山の眉毛を切って
眉毛を下げようとする。

この時
注意することがある。

今日の内容は
眉毛の話ではあるけど
超初級というよりは

ある程度眉毛を整えたり
書いている人に
「なるほど~」って思ってもらえる内容。

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

眉山が気になるから
眉山の毛を切ったり抜こうとすると

なんだか眉毛だけに
違和感を感じるようになる。

眉山だけを整えようとすると
眉山の幅が薄くなるから
眉尻が太く見える。

さらに大事なのが
眉を書いてもなんか
しっくりこなくなる。

これには理由があって
眉山と言っても
”上”の眉山と”下”の眉山がある。

この上下の眉山の位置が
ズレればズレるほど
眉毛がしっくりこなくなる。

眉山だけを無くそうと思うと
だいたいが
”上”の眉山が外になっている。

だから
眉山を消そうと思うなら
眉山を削って

さらに眉尻も
細くするように整える。

↓↓↓

上下の眉山はズレたままになると
眉が決まらない。

眉毛もメイク全般でも
ナチュラルメイクの極みは

一か所で全てを
解決しようとしないで
少しずつ変えて

結果
大きな変化になっている

これがナチュラルメイクの極み。

これは
決して見た目や美容だけに
限った話じゃない。

人はよほど大きな決断できごとや
勇気をもって決断しないと
一気には変われない。

何度も
挑戦しようと思っても
上手くできずに
やってみようとはする。

でも
上手くいかないを繰り返して
行動できるようになってもいい。

それでも毎日は
確実に前進している。

振り返った時に
大きな変化になっていれば
もう、大成功…

ってか、すべてはきっと上手くいく!

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 地震の被害は経験した人の言葉が現実

  2. カミソリ負けすると、肌に色ムラが出てくる

  3. 8か月前に誓ったことが叶った日

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する