眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

講話サポートの本当の最後のサポートは話し方の練習ではない

vol.4426

こんにちは♪
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

昨日は
4月30日に高校生の前で
はじめて講話をするために

ここ2か月伴走してきた講話サポートの
最後の講話サポートとして
仕上げの練習。

楽しさが無い反復練習…。

この時感じるのが
「何回言うの?」ってこと。
でも、これが大事。

どうしても原稿を読もうとすると
間違わずに読もうとすることに
意識が行っちゃうんだけど

心に抱いた感情があるからこそ
感情を込めて伝えられたら
言葉の表現以上に伝わるものがある。

話がうまい人は何が上手い?

ぼくが上手いと思う人の話は
背景を説明するのが上手。

自分の経験を話しているんだけど
その時の映像を
思い浮かべて話している。

出来事を伝えるだけじゃなく
どんな季節だったのか?
誰が周りにいたのか?

映像を見ながら話すからこそ
その時の感情って
どんなだったのか?までも
その時にタイムスリップして
伝えることができる。

すると
聞いている人も同じような映像を
見ながら(想像しながら?)
話を聞いてくれる。

ぼくが得意なのは
聞いてくれている人も
その人の人生の物語を
一緒に覗いているようにすること。

人生を語る講話は
初めてだと思うから
緊張はすると思う。

実は
緊張には2種類がある。

準備不足でヤバイ…という
焦りの緊張なのか?

早く伝えてみたい…という
楽しさが隠れた緊張なのか?

これを伝えたい!と
感情が乗ったら、もう大丈夫。

最後
講話前にイメージトレーニングを
一緒にして本当のサポートは終了。

誰かに話しを伝える時は
暗記した言葉を思い出すよりも

あの時の体験を
思い出しながら伝えることを
やってみてね♪

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. アイシャドウの色選びはプロの意外な判断基準!

  2. 自分の本音を知るための魔法のワードとは…

  3. 人に会うのが楽しみになる魔法の捉え方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する