眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

【親子関係】父の自分勝手な行動も、実は愛情だった?

vol.4420

こんにちは♪
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

今日は
青森市倫理法人会の
モーニングセミナー。

今日は倫理の先輩でもあり
いつもいろんなところで
陰ながら支えてくれる
こーちんさんの講話。

こーちんさんのお父さんは
左官の職人として
自ら事業を立ち上げ

お盆と正月以外は
日曜日だろうが休みは関係なく
仕事をしていた。

家族で過ごす時間は
工事現場に行って
セメントを混ぜることもあった。

こーちんさんは
郵便局の局長として
活躍しているのは
左官職人のお父さんのひと言。

「職人ではなく公務員になれ」

こーちんさんのお父さん
大変なことがあったからこそ
その経験は
子供にさせたくないと
安定した職業を進めた。

家族の時間よりも仕事をする。
リスクよりも安定してほしい。

これらすべては家族のために。

こーちんさんとお父さんの物語…
ぼくの父との関係にも重なった。

いまから20年以上前
ぼくの父はあることをして
親戚・家族から
大反対されたことがある。

それは
今では当たり前になっている投資。

ただ、その投資が
先物取引と言われてて
ハイリスクハイリターン。

結果
時代の流れだったのか?
詐欺だったのかは
わからないけど数百万円の損害。

この時は
自分勝手にやって
親戚・家族に迷惑をかけて…
って思っていた。

だけど
先日、なぜ投資をしたのか?と
考えることがあった。

20年以上前から
斜陽産業だと言われた化粧品販売業。

将来、安定するために
どうしようかと考えた1つが
投資だったのかもしれない。

これで
家族がお金に困らずに
生活できるなら…

そう思って
リスクを背負ってでも
投資をしたのかもしれない。

結果は置いておいたとして
そこには愛情があったんだと思う。

一見、喧嘩が絶えない
親子関係だったとしても

感情的になる
根本の理由を考えてみると

苦労はさせたくない。
幸せになってほしい。

そんな感情が根底にあるはず。
なのに、なぜか感情的に
怒りの言葉でぶつけてしまうから
喧嘩になっちゃう。

今回
こーちんさんの親との関係。

そして
お父さんに手紙を書いた内容を
聴かせてもらって

今できることは
今しかできない。

親孝行したいときに
親がいないというのは
深い後悔になる。

だからこそ
伝えることは伝える。

先日、わっかんさんの講演会でも
親といざこざがあったとしても
産んで育ててくれたことに
ウソはない。

今の関係は一旦置いておいて
産んでくれたこと
育ててくれたことに目を見て
たった5秒

「育ててくれて有難う」を
伝えてみませんか?って
伝えてくれた。

ぼくは先日
父に手紙で
育ててくれてありがとうって
伝えたけど

目を見て言ったことはないな…。
言えるかな。ドキドキ…。

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. せっかく買うなら縁もゆかりもないところより、縁のある所から♪

  2. 人生が変わった1冊の本。その人が作る映画が気になる。

  3. 3日でどうやって講話を作っていったか大公開♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する