眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

じいちゃんが亡くなる10日前の出来事が今も忘れられない

vol.4401

こんにちは♪
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

今日は僕のじいちゃんの命日。
お墓参りをしながら
お墓を掃除に行ったら

黄砂なのか花粉なのか
墓石が黄色い。

4月5日と言えば
青森では桜の開花は
あと3週間くらい後。

じいちゃんが亡くなる前の3月中旬
病院の先生から
「桜の開花は見られないかも…」

そう言われたとき
どうにかしてでも
見せてあげたいと思ったけど

寝たきりのおじいちゃんを
移動することは無理で

あとは
桜の開花まで生きてくれるのを
ただ待つだけだった。

そんな3月中旬に
花屋さんの前を通ると
桜の枝が店頭にあるではないか!?

花屋さんに入って
「この桜は何の桜ですか?」と
店員さんに聞くと

「これは彼岸桜ですよ」って
教えてくれた。

そんな桜があるのか…!
すぐにその”彼岸桜”を買って
じいちゃんに見せた。

この時じいちゃんは
ほぼ視力が無くて枝を触って

「なんぼじゃまある?」
(どれくらい長い?)

「なんぼさいでらば?」
(どれくらい咲いてる?)

そう言いながら彼岸桜を
隅々と手で観てくれた。

その10日後
家族に見守られながら
じいちゃんは天寿を全うした。

あきらめなければ
何か方法が見つかる。

ぼくが
勇気をもらえる言葉に
この詩がある。

『打つ手は無限』

すばらしい名画よりも
とてもすてきな宝石よりも
もっともっと大切なものを
私は持っている。

どんな時でも
どんな苦しい場合でも
愚痴を言わない。
参ったと泣きごとを言わない。

何か方法はないだろうか
何か方法はあるはずだ
周囲を見回してみよう。

いろんな角度から眺めてみよう。
人の知恵も借りてみよう。
必ず何とかなるものである。

なぜなら

打つ手は常に無限であるからだ。

なんとしてでも
やり遂げようと思ったら
何か案が得てくるもの。

今でも
じいちゃんに彼岸桜を見せて
手で触っていたあの光景は
忘れられない。

あの時できる事
全力でやってみた。

やればできる!

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 皆既月食を見ながら感じた老化の理由とは

  2. 人生変えようと思ったらコレしかない!

  3. あなたのひと言が相手の希望になる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する