眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

心がどんよりするのを支える魔法の言葉は「○○〇!」

vol.4279

鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

12月6日の
青森市倫理法人会モーニングセミナーは
メイクアップアーティストの
嶌村絵利香(しまむら えりか)ちゃんの講話。

えりかちゃんとは1年半前に
同業者として知り合って
同業者ならではの悩みで
共感しまくった仲。

その時の会話で話題になったのが
親とのぶつかり合いで
14歳で一人東京へ。

マンガに書いたような
レディースヤンキーじゃんって
思っていたんだけど

その後えりかちゃんの
口から出てくるものは意外な
内容だった。

絶対に稼いでやる…
そんな思いを持ったまま
飲食店を開業し

最大32人も
スタッフを抱えるまでになって
その時に感じた事は

人のために出来ることは何だろう。
お金は自分のためではなく
人のために使いたい…

って言葉だった。

スタッフさんに給料を渡したり
母に旅行をプレゼントしたり

でも
売り上げピークから
右肩下がりになる

生活も事業もどん底に…。

少し前までは感じなかった
お金が無くなる苦しさを
心の底から感じることに。

10円でも1円でも惜しい…
それでも頑張れるのは

自分のかわいい子供のため。
お世話になった方のため。
大切な人のため。

すべては
世の中に迷惑もかけたから
恩返しをしていきたい。

そんな言葉を聞いて
強い責任感を持った人という印象。

でも、講話を聞いて
心の内側を話してくれた。

不安になることが
たくさんある。

でも、その時に
自分に言い聞かせていたことは

「大丈夫。きっと大丈夫」

という言葉。

どんなに不安があっても
運転しながら
「大丈夫。大丈夫…」って
言葉に出して自分を支えていた。

不安になったら
その不安はどんどん膨らんでいく。

不安が膨らんだ時こそ
やるべきことは
今できることに集中。

そして
自分をごまかす。

頭では絶望を感じていても
「絶対、上手くいく、大丈夫」
って言い続けていたら

脳は大丈夫なんだと
錯覚してくる。

はじめは思い込みでもいい。
ネガティブな感情を
受け入れる訓練をして
今できることに集中してみる。

誰だって苦労はある。

でも
えりかちゃんの講話を聞いていて
どんな時でも人を
安心させる笑顔でいることが

えりかちゃんの生きがいに
なっているように感じた。

自分の生きがいと
人の笑顔が重なったら
たくさんの笑顔が世の中に溢れる。

責任感が強く
いつも誰かのことを思うからこそ

見た目を整えて
感情にフォーカスしていく
アーティスト。 

目の前の人の心に
「どんなあなたでも大丈夫だよ」
という魔法をかけているのが

美容の本当の
在り方なのかもしれない。

学校に行きたくない…
そんな若い人の心にも
希望の光を
届けてくれることでしょう。

貴重な講話を聞かせてくれて
ありがとうございました。

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ちょっとの違いで化粧品の効果も変えられます。

  2. 多くの病院に出入りする人が経験するある事とは…

  3. 人に助けられ、人に磨かれた2021年後半

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する