眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

どんなにネガティブになってもこの言葉で上手くいくようなった。

vol.4214

どんなにネガティブになっても
この言葉で何度も救われた。

さらには
物事が良いように
進んでいった事実もある。

つまり、自分の感情を
どうコントロールするのかが大事。

こんにちは♪
眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

先日の東京を思い返すと
すべての予定が
パズルのようにハマって
ピッタリだった。

東京に行った初日
初めの予定は
メンズメイクの最新情報を
肌で感じてこようと

東京駅について
すぐに銀座に向かった。

実はその日
友達と待ち合わせをして

一緒に
メンズメイクの現場を見て

時間があれば
ランチでもする予定だったけど

急遽
その方が体調不良で
来られなくなってしまった。

昔なら
「え~。なんでぇ~…
 予定が狂った」って
思っていたけど

今は
全くそんなことを思わずに
過ごせている。

その理由は”この言葉”を
知ったから。

これは去年の8月に
「てんつくマン」さんに
会ったときに聞いた言葉。

すべては
上手くいっている 

この言葉を
つぶやくようになってから

どんなに
ネガティブになっても

結果、うまくことが
進むことが多くなった。

メンズメイクの
イベントが終わったぼくは

東京で
友達に会うことができた。

しかも
沖縄に住んでいる友達と
東京の友達。 

沖縄の友達は
いつか沖縄に行かないと
会えないと思っていたけど

なんと
東京で会えた。

すべては
上手くいっているんだろうな~。

この他にも
眉レッスンがあった日は

夜は同業者の方と
打ち合わせがあったんだけど

その予定が
少し後になったおかげで

関東在住の友達とも
会えることになった。

全く会う予定はなかったのに
当日の数時間前の
連絡のやり取りで
会えるようになるって

出来事には
すべてに何か意味があって

それは
すべて上手くいくように
なっている。

仮に
上手くない事だったとしても
これも上手くいくための
前フリでしょ?くらい
気楽に思っておけば

いつまでもネガティブは
引きづらない。

結果
時間を持て余すことなく
東京での時間を
満喫することができた。

沸き起こった感情は
どうすることができない。
でも受け取り方は変えられる。

どう受け取るのか?
これが大事で
楽観的に思えるようになったのも

「すべては上手くいっている」と
つぶやけるようになったから。

さらに
てんつくマンは
「スベッても上手くいっている」と
言っていた。

すべても、スベッても…上手くいく。
もう、無敵(笑)

ネガティブになった時こそ
「すべては上手くいっている」
そうつぶやいてみて

てんつくマンさんの才能である
「自動書記」で
書いてもらった言葉は
↓↓↓

吉英(←ぼくの名前、ヨシヒデ)

吉英が一度でも
やれると思えたものは
やれる。

後は
進のみ。

後は進のみ。

****************

お申込み&詳しくは
↓↓↓
https://onl.tw/zSfmrfV

申し込みフォームや詳しくは
↓↓↓
https://onl.tw/A4wJUJn

***************

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1.  簡単に注目される方法はあるのですが…

  2. 【祝YouTube投稿200日】続けるために意識してきた3つの事

  3. ベタ眉の対策。秘密はアイブロウブラシにあった。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する