眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

化粧品に入っている香料は肌に悪いのか?

vol.4017 

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

今日の3月21日はお彼岸の中日で
一粒万倍日と天赦日と虎の日が
ミックスされる一年でも
とても良い日とされている。

でも、ちょっと前までは
占いというか昔から言い伝えは
あまり信じていなかった。

それには理由があって
占いの本や話を
今まで見聞きした時

必ず言われるのが
良くない所。

もちろん
いい所も言われるし
いい所を意識して
過ごしていても

何かあると
「悪い所があるからだ…」と思って
そのうち「どうせ上手く行かない…」

って、そっちの方に引っ張られる。

だからあまりいい思い出はなくて
向き合うことを避けてきた。

実はこれ
化粧品の中でもあって
悪いことを注目させて
行動心理に訴える。

例えば
化粧品に入っている成分で
良い悪いを判断する傾向がある。

今は
だいぶ少なくなってきたけど

界面活性剤は肌に悪い。
香料も着色料も
悪者にされた時期がある。

ぼくは
いま日本国内で流通している
化粧品に入っている
界面活性剤も香料も着色料も
悪いものとは思わない。

確かに
アレルギー反応のように
人によっては

ちょっと入っているだけでも
反応が出ちゃう人もいるけど
それ以外の肌は大丈夫。

化粧品は
配合成分だけで見るのではなく
五感で味わうもの。

例えば
どんなに最高級の成分が
入っている化粧品があったとする。

でも
その化粧品の香りが
好きじゃなかったらどう?

ぼくは
濃いバラのニオイが実は苦手。

それには
家業が化粧品店の人は
あるあるだと思うんだけど

もう使えなくなった香水を
トイレの芳香剤する…。

だから
濃いバラのニオイ=トイレ
ってイメージがぼくの中にある。

化粧品は配合成分だけじゃなく
容器の見た目や化粧品の色
香りや付け心地まで全体を通して

癒されたり頑張ろう!って
スイッチを入れることができる
大切なパートナー。

だから、全体的に見て
一つ一つを味わうように使うのが
本当の化粧品の使い方。

一つ一つを
味わうかのように使うという事は
同時に

自分の肌をいたわることになる。
今日も一日頑張った。
今日もよろしくねって
肌と会話をするようになる。

だから
化粧品成分だけを見ても
化粧品の効果は判断できない。

まずは
今使っている化粧品を
毎日じゃなくてもいい。
週に1度でもいいから

味わうように
ゆっくりと丁寧につけてみて。

翌朝の
化粧品の効果が変わると同時に
成分だけじゃないってわかるよ。

いま
SDGsの時代だからと言って
香水をいつまでも取っておくことは
オススメしない。

濃縮した香水は
1発で具合が悪くなる。

しかも
トラウマ的にね(笑)

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 合気(あいき)を体験してみてわかった体の使い方

  2. 細い眉を太くする方法

  3. 肌理論の知識は誰から得るかで全く違ってくる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する