眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

人は人で磨かれるし変われる。この人との出会いで人生が磨かれた。

vol.3731

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

昨日は青森から愛知県へ

コロナ時代になる直前に来たぶり。

久しぶりに見た小牧空港で
この空港で不安と安堵と希望を
たくさん感じたなぁ~って
思い出してた。

ぼくにとって愛知県は
人生の転機が詰まっている土地。

昨日は名古屋初日、
ぼくの人生観を変える人に
会ってきた。

その人の言葉で
見える世界が180度変わった。

その人は
Twitterを通じて知り合ったんだけど
マーケティングを語らせたら
ニコニコしながら話しているような人。

その人に言われた
ぼくの人生観が変わった言葉は

「同業者は”敵”じゃない」
って言葉

今までは
同業者に負けまい!って
技術や情報発信を努力してきたけど

いつも行きつくのは
上を見ればツワモノがいて
足元にも及ばない。
新しく参入してきた人の勢いに
恐怖と焦りを感じる。

どこを向いても
敵しかいないと思っていた。

負けてはいけない。

この感情は
向上心と言えばよく聞こえるけど
いつも神経をすり減らして
ツラかった。

そんな時に言われた
「同業者は敵じゃない」って言葉。

同業者は
価値を伝え広める
同志

ぼくの眉に当てはめると
眉を描くって
みんなやっていることだし
もう、生活に溶け込んでいるもの。

だけど
メディアだったり
眉の情報を発信してくれる
インフルエンサーがいてくれることで

眉を描く
本当の意味を知る人が増える。

人を奪い合うんじゃなく
共感者を増やしていく

そのためには
一人でやっていてもダメで
同業者の存在が
絶対に必要なんだよね。

昔、化粧品店をしていた時
ある化粧品店の社長さんの
お店の近くに

安売りをするドラッグストアが
次々と出来た。

その時の社長さんの言葉が
『安売りするところが
 出来てくれたおかげで
 化粧品の本当の良さを
 知ってもらえる』

って言っていたのを
当時は全く理解できなかったけど
いまならその言葉の意味が分かる。

何かをはじめる時
必ずリサーチをすると思うけど
その時に同業者に負けないように
って考えちゃうと

テンション、めっちゃ下がる。

この業界のために
何ができるのか?
そう考え方を変えるだけでも
リサーチの時の気持ちが変わる。

負けないことが正義って
思っている人がいるなら

敵ではなく同志
って思うだけでも
全然違うよ。

名古屋メシを食べられるところに
連れて行ってもらったけど

ドテ焼きに味噌カツ…
白米しか勝たんねw

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ここでも『マラソンは人生の縮図』という意味を味わった

  2. 似合うメイクが出来たら、こんなに変わるんです

  3. 3月で講演活動を一旦終わりにする崔燎平さんの言葉で人生観が変わったひと言。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する