眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

何者にもなれなかったぼくがブログを丸10年更新し続けてみたら…

vol.3662

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

「なるさーん、
 ブログ10年おめでとうー❣」

今朝、
「午前3時の手帳会」のみんなから
祝福されて1日が始まった。

今日、2022年4月4日は
2012年4月4日から
毎日書き続けたブログが丸10年。

毎日更新を初めた第1号目のブログ
↓↓↓

写真が若すぎる(笑)

この時
10年目のお祝いの言葉を
こんなにかけてもらえるなんて
思ってもいなかったし

そもそも
10年も続いていると
思っていなかった。

でも、10年の道のりは
全然、軽やかじゃなくて

睡眠時間を削って
ブログを書いたこともあったし

アクセス数が伸びない中で
「こんなブログ誰が読む?」
って思いながら
とりあえず更新したこともあった。

キャラの模索として
本来の自分を押し殺しながら
ビジネスオネェ口調で3日間だけ
ブログを書いたことだってある

正直、面倒くさいし
大変なことの方が圧倒的に多い。

ぼくの友達が
お母様から聞いたという話を
ここで紹介したいと思うんだけど

この話は
ブログも生き方も同じだと思った。

友達のお母様は
「人生って織物みたいなものだね」
と言ったそうだ。

もし、あなたの人生が
一本の帯だとしたら

好きな色の糸だけを
織り込めるわけでもなく

「この糸なんの意味があるの?」
って思いながら織り込むこともある。

「こんな糸は織り込みたくない」
って泣いたり怒ったりしながら
織らなきゃいけない時もある。

でもね、
フッと振り返った時に
その人にしか出せない柄や雰囲気が
その帯から出される。


輝かしい所だけが
その人の全部じゃない。

ツラいことがあるから
良さが輝く部分だってある。


ブログを書き続けたり
今やっている習慣って

はじめは
なんのためにやるの?って
思う事はあるけど

必ずあなたの人生に
必要なことだと思っている。

何者かになりたいと
思っていたぼくが
何者にもなれず

何度も諦めかけた日々の中でも
続けられたのは

「やると決めた」
ただそれだけで
やめる理由もなかった。

競争相手は
周りの誰でもなく自分。
自分との約束。

でもね、

習慣にするには
一人で頑張ろうと思っちゃ
ただツラいだけだよ。

いま、
いろんな習慣を身に付けてきて
習慣のための条件もわかって来た。

続けられる条件は
・一緒に頑張れる仲間を見つける。
・自分や相手の成長を楽しめること。
・安心安全の場であること。
・比べるのは過去の自分という意識。

これが多ければ多いほど
続けられる。

続けられないのは
根性論だけじゃないよ。
どんな環境かも大切。

今は
眉毛のことなら眉ソムリエ
って認知もされてきたけど

これも諦めずに
ブログを書き続けて
これでいいのか、これでいいのかと
自問自答し続けた結果。

はじめから
眉ソムリエになろうと思って
描き始めたブログじゃなくて

描き続けた先に
眉ソムリエが残っていた…
そんな感じ。

今ブログを書いていて
なんか結果が出ないなら
どうして続けているのか
自分に聞いてみて。

辞める理由が見つからなければ
きっと何者かになれる。

今日は2012年4月4日は
令和4年4月4日でもある。

4・4・4!!!

習慣が10割の著者
吉井さんのVoicyでも
ブログ10年のお祝いのメッセージを
紹介してもらった。

いろいろ
最高のギフトをもらえて
”しあわせ”だよね

10年という大きな区切りだけど
きっと明日も更新するはず…

だから

「あしたも
 ぜってぇ、見てくれよなw」

眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. いい仕事ができる”あい言葉”とは…

  2. 【ゲジ眉を変える】眉を整えたのに、ゲジ眉感が残る秘密とは…

  3. 東京にいったら必ず寄るところがある

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する