眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

何を手助けするかで未来は変わる。

vol.3573 



眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です。



今日はマグロの初競り



…と言えば
やはりこの人



はい!すしざんまい。



今年は
すしざんまいの木村社長が
競り落とさなかったけど



すしざんまいの
木村社長といえば




回転寿司を
成功させているだけじゃなく
海外に支援もしている。



昨年の年末
こんな記事が出た。

↓↓↓

Yahoo!ニュース
すしざんまい社長とソマリアの海賊巡る記事削除 プレジデントオンライン謝罪「事...
https://news.yahoo.co.jp/articles/0ea6f3734b59807a5825f462df6b8240d1524864
 ニュースサイト「プレジデントオンライン」は2021年12月24日、前23日に配信した記事「ソマリアの海賊をあっという間に消滅させた"すしざんまい社長"の声かけ」を削除したと発表した。



すしざんまいの木村社長の活動が
「ハーバード・ビジネス・レビュー」
というアメリカの経営誌に
載ってもいないのに



「載ってました~」と
ツイートしてしまった
プレジデントオンラインが謝罪した。
という記事。



そもそも
すしざんまいの木村社長は



ソマリア沖の海洋資源に目を付けて
漁業方法・加工・流通方法を
現地の人に伝えて



漁業で生活していけるように
船や冷凍庫を支援している。



支援にも種類があって
お金だけを支援する支援もあれば



すしざんまいの木村社長のように
お金を渡す支援ではなく
生活していけるような支援。



つまり
依存ではなく自立



これが
持続可能な支援だよね。
まさにSDGs



すごく共感。



ぼくが眉を伝えるのも
依存ではなく自立できることを
目的としている。



眉を描いてあげるのは
ちょっとした見本や



眉を変えると
こんなに表情が変わってみるよ。
とイメージを膨らませるだけで



最後は
一人で眉を自分で書けるように
伝えていく。



でも、昔は
こんな発想なんかじゃなかった。



周りの人に
「すごい!」と言われたいがために
腕を見せつけていたことがある。



そこには
全く共感がないから
誰にも相手をされなかった。



そんな経験から
依存させるのではなく
自立してもらった方いい。



自立できたら
今度は自立した人が
困っている誰かの役に立つ。



というように考えていった。



眉で人生が変わる!と
眉の描き方を伝えているけど



これも
自立の意味が込められていて



ぼくが
その人の人生を変えるのではない。



変わりたいのか
変わろうとするかは
その人でしか人生は変えられない。



だから
眉を通じて
人生が変わるきっかけを
与え続けている。



そう思っていたから
マグロの初競りの時は
いつもこのことを思いだす。



そして
マグロ漁のドキュメント番組で
津軽弁で「食った!」っていう
コテコテの津軽弁を聞くのも



お正月の雰囲気を
演出してくれるw




こういった

眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら



無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。



眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 本当は眉が上手く書ければいいのはわかっているんですよ

  2. 本当は”想い”があるはずなのに、ちゃんと伝えていますか?

  3. 良さを知りもしないのに、伝えていた時期がありました…。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する